2007年5月25日金曜日

外側から内側へ

         ウオーキング 
先日の朝日新聞夕刊に“ゆっくりと・・・車を捨てて歩け歩け”の記事がありました。歩いていると多かれ少なかれ人と出会います。季節の変化が手に取るようにわかり、木々や草花の美しさにふれることができ、出会う人と会話が始まります。一方、車に乗ると人は障害物になるのです。勝手なものです。内閣府によると、ウオーキング人口は4400万人で、運動・スポーツ人口の60%を占めるそうです。私も数年前から意識してウオーキングに励んでおり、最近はできるだけ車を捨てて歩く努力をしております。自分なりのウオーキングコースも作り、20分コース、30-40分、60分と色々と組んであり、10分ごとに公園(大小いろいろ)を必ず1箇所回るようにしています。先月から、NHKの「増田明美のウオーキング&ジョギング入門」が始まり、それを見ながら磨きをかけております。

先日もウオーキングの途中に近所の方と出会って立ち話が始まりました。いろいろな話の中で、いつしか宗教の話になり、その方がカトリックの信者の方であることを知りました。「日本は、本当に伝道が難しいよね。今でも旧約聖書はカトリック、新約聖書がプロテスタントという人がいてね。ほんとうに聖書の土台のない国ですね」とお話をしてくださいました。ウオーキングは、最近問題になっているメタボリック・シンドローム(代謝症候群)に対する予防対策として注目されているばかりか、体の健康にもとても良い運動です。

          日本の教会の現状
神の目的に導かれる健康な人生・健康な教会形成の視点でこの日本の教会を振り返って見ますと、何か少しずつ変わろうとしていることが感じられます。「時代は変わっているのだから、何も変わっていないことは、後退しているのと同じだ」と言った人があります。日本の教会は、堅い(KA)、気難しい(KI)、暗い(KU)と「相変わらず、今でも3Kだ」という人もいます。教会情報センター(CIS)の調査報告によれば、2000年あたりから教会は減り続けています。この10数年の世の中の変わりようはまさに劇的です。IT技術の進歩により、さまざまな情報が瞬時に伝わるようになり、世界は狭くなりました。にもかかわらず、日本の多くの教会が、かつて宣教師が運んできた教会の概念や型を踏襲し、決められた教会形成のあり方を頑なに守り続けています。伝統的な教会があること自体は、とても良いことですし、色々な型の教会があってしかるべきことです。しかし、世の中は激しく変わっている中で、昔と少しも変わらず、時代の要請に応えられないような“内向きな教会形成”では、人々のニーズに応えることが出来ません。知らず知らずのうちに1%未満の中だけの内向きな視点で、外にいる99%強の人々に目が向いてないとの指摘があります。そのことに十分留意して取り組み、多くの人々を呼び込んで大きく変化してきている教会もあります。

神様が求めておられることは何か?目的は何か?その神の目的に焦点を合わせていくことが求められているのではないでしょうか。自分たちのことを中心に考えるのではなく、99%の人々にいつも目を向けて、彼らを教会の中にいかに迎え入れるのかを真剣に考えることこそ、イエス様のお心ではないでしょうか。

          外側から内側へ
健康な教会形成の基本戦略と考え方の重要なキーワードについてお話をしましょう。わかりやすいところから入りますと、5重の同心円モデルに示されている「外側から内側へ」の考え方です。出発点は一番外に示された地域住民を教会へと導くことです。そして段階を追って彼らを訓練し、ミニストリーと伝道に携わる中枢的な教会員へと育てていきます。大まかに言えば、教会は次に示す5つの異なるグループに属する人々と関係を持っているのです。

・ 地域住民: 教会周辺の住民のこと。教会には全く出席しないか、時々出席する程度。
・ 群衆: 教会には定期的に出席するが、教会員ではない人々のこと。
・ 会衆: 教会員として、神の家族とキリストへの献身を表明している人々のこと。
・ 献身的なメンバー: 霊的成長に献身している教会員のこと。
・ 核となるメンバー: 教会のミニストリーや伝道といった活動に活発に関わる教会員のこと。

それぞれのグループが独自の必要、動機、問題、そして何よりも潜在的な可能性を持っています。地域住民を群衆に、群衆を会衆に、会衆を神の働き人に変えていくという教会の働きをサポートすることが、私たちの役目です。この同心円を見れば、教会員の中に献身度の違いがあることが分かります。また、献身度の違いに応じて教会員のニーズがどのように変化するのか、献身度を高めるためにどのようなステップを踏めばよいのかもわかるでしょう。



COMMUNITY 地域住民
CROWD  群衆
CONGREGATION 会衆
COMMITTED 献身的なメンバー
CORE 核となるメンバー
 




教会を「内側から外側」ではなく、「外側から内側」に向かって成長させていくのです。当たり前のことと思われるでしょうが、実際にはなかなか実践できていないのが現実ではないでしょうか。前にも述べましたが、私たちの目が「内向きな目」になっているのをまず変える必要があります。敷居が高いと言われる教会を、「外からの目」を持って見直してみることが重要です。外から初めて教会に来られる人々の目を持って見直しますと、なるほど教会とは特殊な世界であることに驚かされることがあります。教会堂を与えられ、長年そこで教会活動をしていると、いつの間にか地域住民の方々が入りにくい、何か恐る恐る入るような場所になってしまうのです。

2007年5月15日      小坂圭吾     (PDキーワード:外側から内側へ)