2007年6月27日水曜日

地域住民への架け橋(2)

        ITCN――教会に行ってない方々への架け橋 今年4月から、東京・お茶の水クリスチャンセンターでITCN(インターナショナル東京クリスチャンネットワーク、代表中野雄一郎)の集会が始まりました。ギャラップ調査によれば、日本のクリスチャン人口はおよそ6%とされていますが、礼拝出席者は1%にも満たないと言う現実に対し、教会に通ってないクリスチャンの受け皿、架け橋としての集会を開こうとの目的で始められました。毎週月曜日に、午前の集会(伝統的な式次第のある集会)、午後(賛美のあふれる楽しい集会)、夜(中庸を行くフレッシュな集会)の3つの集会それぞれ特色をもたせて開催しています。あえて集会と言っていますが、礼拝です。教会へ行ったことのない方、求道中の方々も大歓迎です。この集会は、教会ではありませんので、教会員制度や聖礼典もありません。ここに来られた方々が母教会に戻られる、あるいはハウスチャーチに行くようになるその通過点となる役割を担っています。前回ご紹介した“地域住民への架け橋的なイベント”とは少し違ったイベントですが、教会に通ってないクリスチャンへの架け橋なのです。超教派の働きとして、関係者で力を合わせてやっています。

ここでやろうとしていることは、教会のイベントとしてやるときに参考になる大切な要素が含まれています。第一に、集会は1時間以内とすること、したがってメッセージは20-30分とし、枝葉のどうでもよい内容はすべてカットして、とにかく集中できる時間以内にしたこと。第二に、とにかくあきさせない居眠りさせない、来た方々が受身で無く能動的になれる場面を多くし、恵まれるようにする。第3にアンケートをとって不平不満、改善点をしっかり出してもらい、良いことはどんどん直していくのです。これから1年後にどんな形になっているのか奉仕者の私も想像がつきませんが、よいものに改善されていくことでしょう。奉仕者の方々は、すべてボランテイアで無給です。万人祭司の考えを貫くべく“先生と呼ぶのをやめよう”としています。始まって2ヶ月あまり、教会に戻ろうと言う人やハウスチャーチを始めようと言う人々が起こされつつあります。
 
        地域住民への架け橋的イベント(その2) 未信者の方々への架け橋で多く集まるイベントといえば、ゴスペル音楽があります。この数年ほどの間に行われたゴスペルコンサートを見てみますと、“みんなで歌おう”と呼びかけ入場料金もそれなりに取ってもそれ相応の人々が集まっています。有名なゴスペルシンガーを呼ぶとしてもそれは年に一度の企画となりますが、プロとはいわなくともセミプロ位の人々が、自分たちで知恵を出し企画を考えれば、その教会らしいイベントで素晴らしいことです。質の高さが問われますが、半分以上は未信者というのもよく見受けられる光景です。

地域への架け橋としては、英会話教室が昔からある方法です。企業の英会話教室が極めて盛んになり、本来教会の株(?)を奪われた感じがします。伝道意欲のある外人クリスチャンの英会話教師を見つけることが出来れば、実を結ぶことが出来るように思われます。そうは言っても、外人クリスチャンの教師を見つけることが難しいのも現状です。もう1年ほど前になりますが、ある教会から、英会話の先生が辞めることになり、どなたか良い外人クリスチャンの教師はいないかと頼まれました。教会の位置を確認して、すぐに英会話学校を経営している知人に電話しました。快く教師を派遣してくださることになり、双方にメリットが出て、主の導きを感謝しました。彼は、その後に他の教会にも派遣して伝道のお手伝いをしています。

少子高齢化の時代では、子どもが少ないだけに、子育ては重要な関心事です。先日、埼玉のある教会に行きましたところ、中高校生を対象に学期末試験を控えて、勉強の補講をしてあげる企画を見ました。さらに、夏休みの最初の5日間にしぼって、一緒に勉強と遊びと喜びをとのプログラムを企画していました。これらは、教会員の子弟を教育していこうという狙いとその友達も誘って楽しく学び、教会の敷居を高く感じることなく入っていける架け橋です。やがてその両親も教会へ呼び込むことが出来ます。横浜のある教会の知人は、長年教会学校の先生をしていますが、幼稚園が付属にあるため、そこに来る子どもを教会学校へそして両親をその見学に来ていただき、やがて教会へとつないでいます。彼の話を聞いて、とてもよく出来た流れだと思いました。東京のある教会では、子育てに苦労しているお母さん、まだ入学してない子持ちのお母さんを集めて、一緒に教会の中で遊ぶこと企画をしています。確か「プレイグループ」と名付けて、お母さんと子どもたちとともに遊ぶ企画です。これらは、子どもたちとその親にターゲットを当てたイベントで、長期計画ではありますが、若い人々が教会に集まってくる架け橋として有効な施策のようです。

2007年6月25日     小坂圭吾     (PDキーワード:外側から内側へ)