2007年7月14日土曜日

目的を考える

        雨でもハレルヤ!晴れるや?
 関東地方も本来の梅雨(?)に入ったようです。梅雨入り宣言をして、翌日からさわやかな日々が続き、今年は梅雨が無いのかと思わせましたが、先週、今週の状況はまさに梅雨です。素晴らしい礼拝説教集に「雨でもハレルヤ」(大川従道著)との本がありますが、信仰が未熟な者はどうも雨ですと”ハレルヤ”とはいかず、いつ”晴れるや?”早く晴れないかと待ち遠しくなってきます。毎日、健康のためにウオーキングをするように心がけていますが、先日は、朝起きて雨も降ってないので散歩してから朝食にすることにしました。単に歩くだけでなく、散歩コースにある「地元の健康野菜(地元の人が作った野菜をコインボックスで販売している)」売り場を回ることにしました。ワイフの注文もしっかり聞いてーーー。折りしも、今朝一番に収穫した野菜をコインボックスに入れるところで、まさに新鮮なものを買うことが出来、上機嫌で帰ってきました。これぞ、朝飯前でした。

ところで、雨が降りますと、出勤するにしろ、外出するにしろ出かける準備の状況が少し変わります。朝起きて雨が降っているとわかるとそのことを頭におき、まず何を着るかに始まり、朝食を取るかどうか、取るとしたら何を食べるのか、何時に家を出るか、雨なので5分いや10分早く行かないとやばいかなと考え、今日は何をするか、誰と会うのかなど…。その日の予定を考えながら、瞬時に決めて朝の準備をするのです。自分の意思で色々と考え、判断をして自分の行動を決めていきます。ほとんどの時間、私たちは何かを考え意識することなく判断を下して(意思決定して)いるわけです。あまりにも多くの意思決定を行っているので、振り返ったり改めて考えたりすることもなく生活しています。実は、この意思決定が上手な人と下手な人がいます。例えば、食事の取り方にも上手な人と下手な人がいて、上手な人はその食べ方によって健康を増進させ、下手な人は、いつの間にか健康を害してしまうのです。何を食べるかはその人の自由ですが、ある人は「食事の取り方を見れば、その人の潜在的力量がわかる」とまで言っています。

                            目的を考える自分がどのような考え方に基づいて意思決定を行っているのかを知ることは、極めて重要なことです。この意思決定の分野では、アメリカのC・ケプナーとB・トリゴーの両博士がよく知られています。彼らは、欧米の一流企業のトップと面接をし、その思考プロセスを抽出、分析、構成して体系づけました。この一連の作業をベースとして、NASA(米航空宇宙局)を支援していく上で絶大な効果を発揮した意思決定手法(KT法)というものを開発しました。世界中の多くの企業で使われているこのKT法によれば、特に重要なのは、『目的を明確にする』こと、『目的を実現するための目標を設定する』ことです。目的を欠いた意思決定は、失敗につながります。「目的は何か。その目的を実現するための目標そして手段は何か」この点を考え抜くのです。先ほどの話の「食事を取る」ことについてですが、この目的の一つが健康の増進だとすると、下手な食べ方は考え直す必要があるかもしれません。

物事を決める、判断する、意思決定を下すことは、誰もやることですが、その目的を考えずにやることがままあります。目的を考えるまでもなく決めてよいこともあることでしょう。しかし、目的も無く目標を設定して行動をすると、首尾一貫した行動につながらないことになりがちです。目的を意識せずに目標を定めて行動している人が多いでしょうか?私たちは、「目的を考える」ことが苦手です。私も時々「しまった!目的が落ちていたなあ。この目的だとやり方(手段)が少し違ったなあーーー」と後で気が付くことがあります。目的と言えば、「人生の目的は何か?」が実は私たちにとって最重要です。先日、ある教会のスモールグループリーダー研修会に招かれて行き、「人生の主な目的を一つだけ答えてください」とお尋ねしました。教会のスタッフ、スモールグループのリーダー・サブリーダーの方々ですので、素晴らしい答えがたくさん返ってきました。人生の目的の最上位にあることは、ずばり「神の栄光を現すこと」と言うことが出来ます。次に「それでは、この目的を実現するために、私たちは何をすればいいのでしょうか。何が必要でしょうか」をお尋ねしました。これは出席者全員に一言づつ応えていただきましたが、表現こそ違いはありましたが、「5つの目的」もしくはそれに関することを答えてくださいました。
1、神の臨在を喜ぶ(礼拝)        2、神のみことばを宣べ伝える(伝道)
3、神の家族を形成する(交わり)     4、神の民を教育する(弟子づくり)
5、神の愛を実践する(ミニストリー)
これらは、視点を変えると教会の目的、教会の存在目的そのものなのです。健康な教会形成において重要なキーワードは、「目的とバランス」です。これについて、考えて行きましょう。

2007年7月10日     小坂圭吾     (PDキーワード:目的とバランス)