2008年8月21日木曜日

コーヒーブレイク 「豊か過ぎる社会に思う」

    次期米大統領選  
先週18日(土)に、 次期米大統領を目指す民主党のオバマ、共和党のマケイン両候補の初顔合わせが実現しました。カリフォルニア州レークフォレストで行われたキリスト教福音派の対話集会に、サドルバック教会のリック・ウオーレン牧師が二人を招く形で開かれました。

両者はそれぞれ主催者と対話する形を取り、リック牧師がそれぞれ1時間づつ同じ内容を質問しました。両候補の全米支持率は、ほぼ互角で今後どのような展開になるのでしょうか。

アメリカのサブプライムローン問題が昨年の8月に表面化し、米国経済は衰退の一途をたどり、世界経済も雲生きが悪くなりそうです。ガソリン価格、食品価格の高騰が起こっています。

その原油価格ですが、7月には147㌦/バレルのピーク相場をつけ、先週末には111ドルまで下がり、更に下がることを願うばかりです。この原油高を背景に、富を蓄積するアラブの王族と世界中のマーケットを席巻するオイルマネーの実態に切り込んだ「アラブの大富豪」(前田高行著、新潮新書)読んでみました。
 
    アラブ産油国の現状   
中東には世界の石油と天然ガスの半分が眠っており、アラブ産油国は、ペルシャ湾のアラビア半島側に6つの王制国家がある。クウエイトから順に南に下がり、サウジアラビア、バハレーン、カタル、アラビア首長国連邦(UAE)、オマールと続き、石油の富は王家とその王族たちが独占している。

「アラブの大富豪」とは、「王族たち」とほぼ同義語である。アラブ産油国の王族は、日々膨大な富を懐にしており、極端に言えば、王族の財布と国家の財布はほとんど区別できない。彼ら王族の所有する富の規模とその運用実態は、厚いベールに包まれている。

1970年代の私達には、2度のオイル・ショックがあり、にわか成金になった彼らは、その富を湯水のように濫費した。現在、彼らには再びオイル・ブームが訪れた。彼らはお金の使い方を考え、単なる散財とは違って、企業買収や不動産開発に投資している。(散財としか言いようのないものもあるが。)

アラブ産油国には、所得税がなく、医療費や教育費も無料、食料品も驚くほど安く、ガソリンも日本の1/5以下で、見かけ以上の豊さである。社会インフラが整備され、国民の生活もモノ余りの状態であり、国家と個人の双方に金が溜まっている。

膨大なオイル・マネーを抱えるカタル、アラビア首長国連邦(UAE)は、ある調査結果によると自国民の一人当たりのGDPは、日本の4倍から5倍である。それ以外の産油国の豊かさも、程度の差はあれ同じで金持ちである。
         豊か過ぎる社会
このような"豊か過ぎる社会"について考えさせられました。うらやましい反面、アラブ産油国の最大の問題が見え隠れします。

こんなに富を持っているのならば、世界のために貧しい国のために役立つ何かをしたら素晴らしいだろうと思います。豊かな社会というのは、目に見えるものが豊かであることです。モノが豊かであり、便利で居心地の良い生活ができます。

モノに依存する生活ですから、そこに飽きてきますと次の欲望へと発展していき、心を育てることがいつのまにか置き去りにされます。生まれたときから豊かな生活に慣れて育ちますと、自分で自らの道を切り開いていく向上心、忍耐力や克己心を育てることが難しくなるのです。

現代の日本の社会に、それを見ることです。豊かなモノを活用することはあっても、目に見える次元に自分の希望や拠り所を置くのではなく、目に見えない心を養い育てることに力を注ぐべきことを考えさせられました。パウロのこの言葉を思い起こします。

「私は、貧しさの中で過ごす道も知っており、また、豊かさの中で生きる道も知っている。満たされていることにも、飢えることにも、富むことにも、貧しいことにも、あらゆる境遇に対処する秘訣を心得ている。」(ピリピ 4:12 現代訳)
         
2008年8月21日    小坂圭吾