2009年6月18日木曜日

今を生きる 「物を大切にする(1)」

      自動車産業の原罪
経営危機に陥った米自動車産業首位のゼネラル・モーターズ(GM)が、破産申請をしました。一度破産をして新生をはかるのですから“破産新生”という言葉が合うように思います。80年間覇者のなしてきたことは、覇者の偉業というよりは、「驕る平家は久しからず」を思い出させます。まさに「覇者の驕り」として、人類にとってプラスはあったとはいえ負の遺産を多く残しました。自動車は、人々の自由な移動を可能にしましたが、交通事故を起こし、二酸化炭素を排出し地球温暖化、環境へのマイナス影響が多大です。そのことに対する経営としての取り組みが極めて弱く、ガソリンをガブ飲みする大型車を作り続け、燃費の向上についての開発投資を怠り、利益追求に血眼になった米自動車産業の実態です。

やがてこの日が来ることを予感し“破産新生”しかないと思っていた人々が多いと思いますが、オバマ政権が慎重に事を運んだことに拍手をおくります。自動車産業が誕生して生んだ多くの罪、交通事故と環境への負荷という「自動車産業の原罪」とも言うべき事柄ですが、それをあがなうべく交通事故や環境負荷のない車開発に努力を傾けてほしいものです。
            地球温暖化 
今年も地球温暖化を思わせる現象がまま見られます。20年ほど前と比較しますと、春らしい穏やかでさわやかな日がほんとに少なくなりました。緑と花の素晴らしい春には違いありませんが、温度がすぐに夏日の気温になり、衣替えといえば6月との意識が、今は5月の連休から半そで姿になることもしばしばです。

過去100年間に、東京の年間平均気温が3℃も上昇したのは事実ですし、中小規模都市も1℃上がりました。年間平均1℃上昇ということは、1年間に365℃分の上昇になります。春から夏、秋にかけての気温を見ますと、平均よりも高い日もあれば、低い日もあります。高い日は、平均より5℃高いとすれば、365℃を5℃で割ると72。すなわち、平均よりも5℃高い日が72日間、2ヵ月半あることになります。5月の素晴らしい気候は、20℃―23℃くらいがほどよい温度としますと、5℃高いと25℃―28℃と夏日になります。このような日々が春から秋にかけての半年間ですと、平年よりも高い日が少なくとも1ヶ月強はあるということになり、暑い日が多く見逃せない温暖化現象です。
 
         物を大切に
  地球温暖化を防ぐために私たちが出来ることは、身近に色々あります。ある日曜日のスモールグループで、世界的な経済危機の話から「物を大切にしなければね!」という話になり、Yさんが「今でも新入社員の頃に買った服が3着ほどあり、生地がとても良いので大切に着ていますよ」との話しでした。もう50年も前のものです。確かに生地の良いものは、少しも古さを感じさせません。使い捨てでなく、大切にして使い切ることなのです。
 私の場合、効率主義の中に身を置きそれなりに毒されて、長持ちするものよりも、そこそこに良いもの買い、そこそこに使い新しいものに買い換えることの考え方が強く、使い切るまでの気持ちは少なかったと思います。妻もしばしば、「ほんとに良いものを長く使ったほうがいいのでは?」と何度も言ってくれたのですがー。それでも、30年ほど前に買ったスポーツ用のジャンバーは、生地も色もしっかりしていていまだに使っています。物を大切にする気持ちは持っていたつもりですが、深く考えた行動ではなかったと思います。
 
  GMの驕りに始まり、地球環境の温暖化、そして物を大切にと書いてきましたが、そこに流れる問題意識は、「自分さえ良ければいい」との考えが、多かれ少なかれあるのだなと感じます。「俺の考えるようにするまでだ」というほど強烈な高ぶりや自分勝手ではないかもしれません。もう少し視野を広く、深く、他の人々のことまで含めて考えるなら、やはり考えが浅く、気がつかない中で「自分さえ、自分たちさえ良ければ」になっていたのです。聖書の教える愛の言葉、その深みを思わされます。

「愛は自慢したり、高ぶったりしない。無礼なことをしたり、自分さえよければよいとは考えない。」(コリントⅠ 13:4-5 現代訳)

2009年6月18日    小坂圭吾