2009年8月19日水曜日

喜び 「人生は一緒の方がいい(2)」

   色々なコメント、書評を頂いて新刊「人生は一緒の方がいい」(つながりを深める40日)を4月に刊行しましたが、この本は11種類目の本になります。“健全な人生、健康な教会形成”を目指して、少しはバランスのあるメニューが整ってきていれば幸いです。企画をする側としては、色々な方々のご意見を頂くと「そうだったか?」と目が開かれたり、「意図した通りだったかな!」と喜んだりで、どちらにしても感謝しております。今回は、スタッフから「書評にとりあげられたものを掲載するのはどうですか?」と促され、「それも良いね!」と思い早速書くことにしました。

     自分が出来なくても皆で一緒に  先々月(6月)、横浜にあるキリスト教書店を訪問し、書店員の方にお話をお聞きしました。所属教会はスモールグループが盛んで、ご一緒に色々と読んでの感想だったと記憶しています。
「新刊「人生は一緒の方がいい」については、自分が出来なくても“皆で一緒に”というのが、励ましとほっとさせてくれるところがあります。『5つの目的』は、私がやらねばと迫って来るのですが、一人ではとても無理でも、皆で一緒にやればいいんだと考えると、気楽に出来そうですね。」
これは、この本の一番大切なところをずばりと指摘してくださいました。

  雑誌や新聞に”新刊の書評”として載せられたものの中から、ご紹介致しましょう。リバイバル・ジャパンの6月1日号に掲載された内容です。
「著者は、「目的のある人生」を生きていくのは、孤独な人生ではないことを第二弾である本書で読者に問いかけています。‐‐‐‐1課ずつ明快な聖書箇所を引用しつつ「一緒に生きる」ことの素晴らしさを生き生きと描き、読者を「一緒に生きる」ことへといざなっていきます。‐‐‐‐本書は、聖書が描いている「人との関わり」の価値がよく理解され、他者と一緒に生きることを大切にする人生観が養われ、結果として真実な、安全な交わりの実践の場としてのスモールグループが用いられていくことを主眼としているようです。セルグループやスモールグループを用いたミニストリーを展開してみたものの、なかなかうまく機能しないという悩みを抱えている教会リーダーにとって、聖書に基づいた本質的なものの見方を考え直すための好著といえるでしょう。」
発売して数ヶ月間、どのような反響になるかなと思いながら、楽しみに見ていました。この書評のように受け止めてくださった教会や信徒の方々から、スモールグループで読むことにしたというお話をいただいています。聖書が描く「人との関わり」の価値をよく理解し、他者と「一緒に生きること」ことの重要性は、私にとっては、「5つの目的」を読んでから目が開かれました。「一緒に生きる」ことの大変さもありますが、つながりなくしてはさびしい人生になります。

      ヤマアラシのジレンマ
次におもしろい書評をご紹介します。「恵の雨」2009年8月号に掲載されたものです。
「『ヤマアラシのジレンマ』という寓話がある。『二匹のヤマアラシが温めあおうと近づいたら、お互いの針で刺し合ってしまった。あわてて離れると、やはり寒い。』というコミュニケーションの魅力と煩わしさを表した話だ。本書は、人が互いに交わりを持ち、一緒に成長し、仕え合い、共に礼拝し、伝道することを神は望んでおられるという。では針の問題はどうすればいいのか?寓話が出した答えは、『適度な距離を保つ』という妥協案だったが、本書が提示するのは『キリストのことばを心に住まわせ、競争意識を持たず、要求よりも理解に務める』など、聖書が教える根本的な解決だ。神様に頼れば『針があるからこそ成長できる』と言うことさえできる。」(ヤマアラシの写真は、ウイキペデイアより引用)
人と交わりを持ち、他者と「一緒に生きる」ことを目指せば、お互いの針が必ず気になってくるものです。しかし、神様に頼ることによって成長できる素晴らしい世界があるのです。

「鉄で鉄を研ぐように、人の心も他の人の心との触れ合いによって成長する。」(箴言27:17 現代訳)

2009年8月19日    小坂圭吾