2007年9月19日水曜日

親密な交わり

           ハウスチャーチ  
産経新聞8月23日号に「ハウスチャーチ」の特集を掲載しているとリバイバル新聞で読み、早速調べてみました。最初図書館に行きましたが、新聞は2日分しか置いてなく、産経HPに飛びました。作家の坂本龍が12チャンネル「カンブリア宮殿」の番組で「調べるときは、図書館よりもいまやHPかグーグルでおおよそ要が足りる」と言ったことを思い出します。
“米、曲がり角の福音派 礼拝は家庭で…勃興する「ハウスチャーチ」”の見出しで始まり、福音派の巨大教会・メガチャーチが曲がり角を迎え、代わりに既存の教会には行かず家庭で礼拝を行う「ハウスチャーチ」が勢いを伸ばしていると紹介していました。その理由は、大人数を集めるメガチャーチに参加しても誰とも出会わず終わることも多く、“より親密な関係を求めて”参加するハウスチャーチの礼拝・交わりの様子を伝えています。「ハウスチャーチ」運動の推進団体である「有機教会」(カリフォルニア州ロングビーチ市)の代表ニール・コールさんは、ロサンゼルスのメガチャーチの職員や牧師の経験もあり、その後「有機教会」を始めました。「米国における福音派の内実が、決して健全なものではなかった。次々にメガチャーチが生まれ、福音派が成長しているように見えた裏で、小規模な教会が消えていった。信者の奪い合いに過ぎなかった。大組織の中では人々は疎外され、少なからぬ信者が不満を持っていた。」と述べています。この10数年の社会の急激な変化で、孤独で疎外される要素が増える中、親密な関係を求めるニードがますます強まっているのだと思われます。

         親密な交わり教会の目的を考えるとき、「交わり」は重要な一つです。健康な教会形成における霊的成長のためには、2種類の集まりが必要です。一つは、大きなグループとして関係する人がみんなで一堂に集まるいわゆる「礼拝」です。二つ目は、小さなグループとして親密な交わりのある「スモール・グループ」です。このスモール・グループこそが、親密な交わりを体験するには最適な場所なのです。健康な教会形成において重要なキーワードの3番目は、「スモール・グループ」です。サドルバック教会は、今やメガチャーチといわれる一つですが、教会の少ない地域で開拓を始め、教会につながってない人々だけにターゲットをしぼり、地域に根を下ろすことに力を注ぎました。未信者の方が教会に来てキリストを信じ、教会員の80%がサドルバック教会でキリストを見出したのです。大きく成長した秘訣のひとつは「スモ-ル・グループ」で、交わりを通して「温かさ」に成長しました。

    スモール・グループに加わるべき8つの理由ここで、スモール・グループ(以下略してSG)に加わるべき8つの理由について、ご紹介しましょう。(抜粋)

1.SGに加わることによって、聖書がより良く理解できる
礼拝説教や聖書講義などは、基本的に一方通行のコミュニケーション、まとまった情報を吸収する場合には適している。より個人的な適用を見出すための場としては、SGの方がすぐれており、質問や聖書本文に関するディスカッションもできる。他の人の経験や洞察を聞きながら、聖書の真理と自分の生活との関わりについて、新しい理解が得られる。聖書の真理は、個人的な生活の中に当てはめるべきもので、SGという環境が最も効果的に行われる。                                   
2.SGに加わることによって、神の家族の一員であるという実感を持つことができる
SGに参加している人たちの大部分の感想――「SGに出て最も良かったことは、親しい人間関係を築き、友情を深めることができた」。参加者同士の信頼関係が深まると、次第にグループ外でも連絡を取り合うようになり、電話やメールを通して緊急の祈り課題を分かち合うなど、文字通り人生をともに歩んでいく。このように人生経験を共有していく中で、自分の抱えている必要や問題が特異なものではなく、同じように悩みつつ生きていることを発見していく。互いの経験から励ましや教訓、慰めを見出していく。私たちは互いを必要としている。

3.SGに加わることによって、祈りがより意味深いものとなる
多くの人たちは、他の人の前で祈ることを躊躇する。しかし、6~12人くらいのSGの中でなら、神と会話をするように祈る方法を学ぶことができる。たとえば、示された人から短く祈りはじめ、「主の御名によって祈ります。アーメン」といって祈りを切ることなく、示された人が次々と祈っていく「会話の祈り」をしてみるのもよい。数人で共に祈ることにより、互いに親しくなり、生活のさまざまな必要に対する神の答えを受け取っていくことができる。         (続く) 
              
2007年9月20日     小坂圭吾     (PDキーワード:スモール・グループ)