2008年9月25日木曜日

感謝 「バカになる、寅さん40周年(1)」

 寅さんシリーズ誕生40周年
「私、生まれも育ちも葛飾柴又です」の名セリフで始まる映画「男はつらいよ」の寅さんシリーズが、誕生40周年を迎えました。今回、ニュープリント上映でしかも公開当時にならって2本立てを見てきました。私もこの映画の大ファンで、既に48本すべては見ています。何度か映画館にも足を運びましたが、あの観客席の和やかな雰囲気は、他の映画では経験した事が無く、今回もほぼ同じような雰囲気でしたが、少し静かな感じでした。
渥美清の寅さんが、団子屋「とらや」の裏手にある印刷工場で働く若い工員たちに、親愛の情を込め「労働者諸君」と呼びかけるとき、あるいはおいちゃんが、甥の寅さんの愚行を眺めながら思わず「馬鹿だねぇ」と溜息ながらに嘆く時、観客席は爆笑に包まれる。このおかしさは、その場にいる者には複雑な内容が瞬時に観客に伝わり、大きな笑いとなります。寅さんシリーズを一本も見たことのない人には、わかってもらいにくい事柄ではあります。
             
           海外進出この寅さんシリーズも、いよいよ海外進出です。英語の字幕、あるいは吹き替えをするのでしょう。寅さんは、面白おかしい巧みな話術を使い、わかったようなわからないようなおもしろいタンカ、テキ屋の言葉の達人です。これをどこまでうまく伝えれるのか、スタッフの方々の力量が問われます。NHK番組「英語でしゃべらナイト」で(写真は、NHK番組より撮影)、このことを取り上げ、英語での吹き替えも実演して見せました。雰囲気は伝わってきました。ぜひとも、素晴らしい字幕、吹き替えになることを期待します。
ともあれ、寅さんの言葉にはこの種の味わい深いというか、面白おかしいセリフが随所にあります。「寅さんの人生語録」ですが、一見すると陳腐なセルフの羅列に見えますが、寅さんを知っている人には、何とも愉快なのです。誰がしゃべっても面白いというわけではありません。渥美清の寅さんが話すときに、その言葉の深い奥行きとニュアンスが出てくるのです。寅さんのしゃべっている光景、声が聞こえてくるのです。それは何故だろうかと考えさせられます。楽しみながら寅さんの研究に励んでいますが、まだまだ道半ばです。      

       若いときの思い違いこの寅さんは「バカを地で行っている」と思われます。「頭がいい」わけでもなく、「知識がある」わけでも無し。学歴などあるはずがありませんが、でも、向上心があります。人間の価値はと言えば、学歴や頭の良し悪しではなく、知恵が働くかどうかで決まることを教えているともいえます。寅さんを見始めてから、「バカになる」事について考えさせられ、あるとき、『利口バカ』について知りました。若い時には、知っていることが良いこと、尊いことで“知”に走りたがる。そういう時は、知らぬ人がバカに見える。年を重ねると“人は理屈では動かない”ことを知り、知識だけではつまらないことに気づくようになる。若いときの思い違いを悟るのです。利口がバカらしくなり、これが『利口バカ』だと悟るのです。ともあれ、人がバカに見える間は器が小さく、努めてバカになると不思議に人望が集まり、これぞ利口なのかもしれません。自分のばかげたこと、失敗したことをオープンに話す人に人が集まります。ドンと自分を落とした話は、人々の心にすんなりと入っていきます。“バカの利口”という言葉もありますね。口では『バカになる』といっても、それができる人は極めて少ないのです。(続く)

2008年9月25日    小坂圭吾