2008年12月27日土曜日

歴史探訪「日本最東端に行ってきました(2)」


稀にしか見られない国後島
11月上旬の3日間は天候に恵まれ、あまり見ることが出来ない歯舞(はぼまい)群島、更にほとんどみることが少ない国後島(くなしりとう)の2島を見ることが出来ました。これはそんなに多くは無い経験とのことでした。

先日、近所の公園の大掃除があり、皆で集まって公園の大掃除をし、集めた枯れ葉で焼き芋を作ります。これがまたうまいこと限りなし!!そのとき、2軒先のお隣Tさんと掃除をしながらお話をしてみると、北海道中部出身のTさんご夫婦は、私と同じ頃帰省されていた由。週末には、北海道西部から中部の天気は崩れて、東部の一部だけは恵まれたことが分かりました。そういえば、その3軒先隣のSさんまた私の妻も北海道出身です。岡山出身の私ですので、これを1番として2番目に好きな県が北海道です!

二日目の夕方には、知床に入りました。オホーツク海にまさに沈もうとしている夕日がとてもきれいで、普段は車が多く危ないので停車しないとのことですが、その日はバスを止めてくれ皆でこの夕日を撮影しました。オホーツク海の寒そうな姿と相あまって、とても感慨深い景色でした。3年ぶりの知床です。
 
世界自然遺産・知床  
3年前の2005年7月14日に、私は初めて知床に来ましたが、何も知らなかったのですが、知床が世界自然遺産に登録が決定され、それを聞き驚きました。ホテルではお祝いの特別イベントがあり、知床についての自然環境のなす偉大な様について、知床ネイチャーガイドの方から、スライドにより説明を聞きました。

知床半島中央部は、千島火山帯が貫き、海岸線は荒く海に削られた地域です。冬には世界で最も南端に接岸する流氷が訪れます。流氷は、“プランクトンのゆりかご”と呼ばれ、流氷下の海水に養分がたまりやすく、それを食べるプランクトンが豊富になり、そのためにサケなどの豊富な魚介類が育つのです。サケは秋に知床の河川を遡上し、ヒグマ、オジロワシ、オオワシなどに捕食されます。これらの動物の排泄物および死骸は、植物の栄養素として陸地に還元されます。

このような海と陸との食物連鎖を見ることのできる自然環境が残されている点が評価され、世界自然遺産の登録物件となったのです。海洋生態系と陸上生態系の相互関係の素晴らしいサイクルに、感動を覚えます。

知床では、人間がおじゃましている!
遺産登録された翌日、その実態を見学しました。車の移動中に「あ、熊だ!」との叫び声、しばらくすると今度は巨大な角を持った鹿がのっそりと横切っていく。7月でしたのでサケではなくサクラマスが河川を遡上するのを見学、知床観光船からは、200メートルにも切り立った断崖と奇岩群、そして知床連山を観光しました。

そんな知床の風景を見ると、目に見えない悠久のサイクルの中に、人間がおじゃまさせてもらっているのだと感じます。神様の御手によって、知床の自然は素晴らしい循環系として造られ、すべてのものが目に見えない絆で結ばれていることが分かります。

一方で、おじゃまな人間のために、知床の現状は課題山積みです。夜の国立公園内をバスで走りライトを照射して動物を探す、人間の立ち入りは、動物や木々にとっては大きなストレスである等々。自然を守ろうと言いつつ一方で、自然破壊につながる行為を私たちはしていることに考えさせられます。

知床の観光と漁業が成り立っているのは、ひとえにこの大きな自然のおかげであり、この自然を守り抜くしか知床の生きる道はありません。ぜひとも、自然と人々の暮らしが調和し、素晴らしい知床が守られることを祈るものです。

知床の空を大きく旋回している“ワシ”、残念ながら映像でしか見られませんでしたが、その雄大な姿、サケを取りに行くときの果敢さに感動させられ、自然から新しい力を頂くことができます。クリスマスを終えて、まもなく新年を迎えますが、主から鷲のような力を頂いて新しい年も歩みたいと願います。

「主を待ち望むものは、新しい力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。」(イザヤ書40:31 新改訳)

2008年12月27日    小坂圭吾