2009年5月20日水曜日

今を生きる 「男女の違いを認める(1)」

     ロダンの彫刻
 ロダン作の有名な彫刻「考える人」を実物あるいは写真等で見られた方は多いかと思います。これは男性の象徴で、ひとり腰を下ろし静かに考え事にふけりたいものです。一方、女性はといいますと、こんな姿を見かけることはめったにありません。面白い人が、こんな表現をしました。「ロダンが女の彫刻を作ったら、タイトルは何だろうか?きっと『しゃべる人』に違いない。」なるほどと思います。これが象徴するように、男と女は大いに違うのです。神さまは、創造の始めに人を男と女に、役割の違うものとして造られました。しかし、男と女が違うことをどれだけの人が正しく理解し認識しているでしょうか?聖書には、色々なところに男と女の違いについて書かれており、それなりに理解をしていることと思います。しかし、男と女の思考、態度、感情の違いについては、あまり理解されていないように思います。経験上は分かっていても、それを認識して自分の行動まで生かせるところまで至っていません。お互いに色々と違うことをしっかり認めることが必要だと思われます。

        子供の姿
  子供の姿についておもしろい話を聞きました。小さい子供に画を書かせると、男の子は、物を中心に描くことを考え、女の子は、人物を描きその中に関係を求めて描きます。そういわれれば、孫達の絵はそうなっているなあと思います。赤ん坊の場合ですが、女の赤ん坊は人の顔をじっと見つめ相手と目を合わせる時間が長く、男の赤ん坊は動くおもちゃを喜んで長く見つめています。男の子は物とその仕組みに、女の子は人とその関係に興味を持ちます。“ままごと遊び”は、女の子がする遊びですが、ここに関係を重んじる姿が見られ、母親になり、おばあちゃんになってもその姿は変わりません。人と人との絆、つながりを求め一緒に歩むことは、女性が圧倒的に得意分野です。大家族の姿を良く観察しますと、その中心は、母親であるか、おおばちゃんであるか、どちらにしても女性がつながりをつけているのです。

      男と女の違いについて
  ある時、男と女の違いについて少し理解を深める必要があると感じて、「話を聞かない男、地図が読めない女」―男脳・女脳が「謎」を解く-(アラン・ピ-ズ、バーバラ・ピーズ共著)を読んでみました。すると、今まで女性について正しく理解してないためにトラブルになっていたことを多く発見しました。特に夫婦関係においてよく出くわす事がらや、教会の姉妹達と交わりをしている時に出くわす事柄について、「そうだったのか!」と目からうろこが落ちました。この10数年ほどの間に脳の働きの研究が盛んになり、男と女はその脳の働きが違っており、男と女の違いをめぐる多くの疑問が分かってきました。一時流行語のようになった「地図が読めない女」については、それこそ多くの人が経験しています。要するに、地図を読んで理解するには空間能力が必要で、これは男性が圧倒的に優位で、女性の方が劣るからだそうです。コミュニケーションついては、女性が文句無く強いのです。言葉、顔の表情や手の動きといったボデイランゲ-ジを使って、女性は男性の3倍ものコミュニケーション活動をしているといわれます。

  先日、あるコーヒーショップで何気なく周囲を見ていると、一組の若い男女の方が語り合っていました。ふとしばらく観察したところ、先ほど述べたように女性はボデイランゲ-ジを使い、男性の3倍ものコミュニケーション活動をしているのです。これは身近な一例ですが、女はおしゃべりであるとは、確かに実証されているようです。脳の働きにおいてもまったく違うのです。コミュニケーション能力、言語能力が求められる分野では、女性が圧倒的に強いといわれるゆえんです。

  神様がご自分に似せて、男と女とを創造されましたが、その男女の違いを知れば知るほど、こんなにも素晴らしく創られたものだと感嘆させられます。

「神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。」(創世記1:27 新共同訳)   (続く)

2009年5月20日    小坂圭吾