2009年10月19日月曜日

健康余話 「ウオーキングをする(1)」

     PGAシニアツアーを観戦10月1日(木)にPGAシニアツアーの今季第4戦、富士フイルム・シニア・チャンピオンシップが千葉県平川カントリークラブで開催されました。下手の横好きでゴルフを楽しむ一人ですが、実際に観戦に行ったことはありません。シニアプロの方が身近なので、何かと刺激になるだろうと決心して行きました。横浜から千葉に行き更に外房線JR誉田駅へそこからギャラリーバスでゴルフ場まで、約2時間半あまりかかります。来場者は、平日ですからほとんどが中高年の方々です。行くと既に17組までスタート済みで、18組目がシニアツアーで4年連続賞金王になった高橋勝成プロのスタートでしたので、その組について観戦しました。前組が飯合肇プロ、倉本昌弘プロ、前々組が青木功プロ、尾崎健夫プロ他でした。スタートしてすぐに、ある中高年のAさんと話が弾み、一緒に一日まわる事になりました。このゴルフ場から家までは近く、自転車でも行けるゴルフ場が5箇所くらいあるとのことです。いかに千葉県にはゴルフ場が多いか推察できますが、約150はあると聞きました。

   観戦は一緒の方がいい! 最初は、半分ほど見て昼食を食べて帰ればいいと考えていました。普通ですと入場料を取られますが、スポンサーの気前が良く、60歳以上は無料、ゴルフクリップのマ-カー&スポンサーのお土産を頂きました。(実は、このスポンサーは第一の現役時代に勤務したところです!)ご一緒にまわったAさんに刺激され、全て観戦しようと心を入れ換えました。全部回るのに約5時間弱でしたが、一人では途中やめていたでしょう。プロ選手権の場合は、9ホール終わって休むことはせずプレーを続けますので、4時間半から5時間続けてのスループレーです。観戦する人たちの中には、折りたたみイスやシートを持ち歩き、お昼近くになると、おにぎりを食べながら観戦です。9ホール観戦したところで、私は昼食会場に戻り、急いで食べて観戦に戻ります。Aさんは休まずそのまま行かれ、途中で合流しました。

その日は、秋晴れの気持ちのよい日でした。万歩計によると約1.5万歩です。歩幅が70CMとすると 0.7M X 15,000 = 10,500M すなわち約10キロメートル歩いた事になります。帰宅後、別の方法で距離の計算をしてみても、ほぼ同じ結果になります。Aさんと「かなり歩きましたね。それにしても、5時間、腰を掛ける事もしないで立ったままで10キロ、これはハードです。」「そう、彼らは、足腰をしっかり鍛えているよね。」彼は、途中で腰を掛けることはせず、私は、後半何度か腰を下ろして、観戦でした。

        腰痛になる! ゴルフは、あまり運動にならないと、10数年前までは言われたように思います。近年、ウオーキングが健康に良いと言われだしてから、そのように言うのを聞いたことはありません。私もゴルフをする時に、何度か万歩計で歩数をはかりましたが、約1.2万歩ですので約8キロメートル歩きます。カートを利用しますが、10年ほど前までは、カートなどに乗ったことはないので、足腰の鍛え方が不足かなと考えさせられます。
5年ほど前にちょっとしたことからギックリ腰になり、それ以降、腰痛予防の体操を毎日しています。今年の4月に突然腰痛になり、全治1ヶ月かかりました。その後ウオーキングして長時間歩きますと、腰痛ではなく右足の太ももの裏辺りが痛くなりました。4月の腰痛の時にまず右足の太ももがおかしくなった事を思い出し、足腰全体をしっかり鍛えなければならないと感じました。筋肉をしっかりケアーしないとウオーキングも出来ないと感じ、体を鍛えるストレッチがよいのではと調べました。ストレッチのよい本があるに違いないと探したところ、やはり見つかるものです。8月からストレッチを初めて3ヶ月、その成果がはっきりと出て来ました。体全体の筋肉が硬いのですが、自分でも少し柔らかくなったと感じ、長い間歩いても足腰の痛みは出てきません。1時間、2時間のウオーキングにも耐えられるようになり、主の導きに感謝しています。

「私の足を雌鹿の足のように強くして、高いところでもどこでも、行くことができるようにしてくださいます。」(ハバククの預言3:19 現代訳)

2009年10月19日    小坂圭吾