2009年12月20日日曜日

喜び 「感動する」

     小さな感動 昨日まで、東北地方(山形、秋田県)に行って来ました。5年ぶりの大雪に見舞われ、50-60cmの積雪でした。近年、雪らしい雪を見ていませんので、思いがけず、積もってまもない素晴らしい雪景色を満喫です。(写真は”柿の木と大雪)
 新幹線自由席に乗って、ふと、関西方面から“のぞみ”号で帰る途中のことを思い出しました。いつもはビジネス客で静かな車内、斜め横に2人の若い女性(学生の方?)が大きな声で話をしています。少しうるさいかなと気になっていた時、彼女らの斜め横に座って寝ていた男性が立ち上がり、彼女らに向かって一呼吸置き人指し指を口に当て「シー」と合図しました。とたんに彼女らの声は、テレビの音量を下げたかのごとくに聞こえなくなったのです!その後、私も静かに眠ったことは、言うまでもありません。実にうまい注意の仕方であったと、些細なことながら小さな感動でした。

     映画「沈まぬ太陽」 先月上旬、山崎豊子原作、渡辺謙主演の映画「沈まぬ太陽」を見に行きました。その頃は、秋雨が続き気分も重く、映画でも見れば元気が出るかなと劇場に足を運びました。この映画の原作を読んでいませんので、どんな展開なのかも知りません。日本が経済大国へと急成長した激動の時代は、自分が生きた時代も重なりながら鑑賞です。
男の熱い生き様を貫く主人公、渡辺謙さんの気魄のこもる演技は、見ごたえ充分です。主人公の生きた厳しさは、個人の尊厳や生命までも危うくする組織悪との戦いで、政治の闇と癒着した組織の姿も含めて、当時も今もさもあらんと思います。このモデルの会社(JAL)の企業体質が如実に描かれ、虚実ないまぜですが、これが人間社会の現実と考えさせられます。このモデルの会社は、改革が無ければ消えていく運命です。主人公は、自分の信念を変えずに生き抜き、その姿に感動を覚えます。海外勤務の中で、雄大な大自然や異文化との触れ合いを通して、人間の小ささも感じさせられます。見終わって、気晴らしどころかほんとに元気が与えられました。人生に対する視点や生き様まで影響を与えてくれる、星5つの映画です。

     いつもやわらかい心で
  私たちは、感激・感動したとき実に元気が出てきますが、その場面は色々です。感銘深い言葉に触れたとき、スポーツや映画を見たとき、聖書の言葉が迫ってきたとき、自然界の雄大さに圧倒されたとき、信仰書を読み涙が流れたとき等々―。体の元気は食事をすることにより、心の元気は、感激・感動することによります。落ち込んでいる、問題や困難にぶつかり困りへし折れている心に、元気・やる気が与えられるからです。
忘れられない体験と言えば、困難や苦しみを乗り越えたときが多いかもしれません。私たちを成長させ訓練される神様は、苦しい状況や問題の状況をしばしばお用いになります。そのような時、かたくなな心がしだいに柔らかくなり、物事を素直に受け止める状況になり、心に響くことが与えられるのでしょうか。
  人生において成長し続ける大切なポイントは、“感激・感動する心を失わない”という言葉があります。“感激・感動は意識となり、意識は行動となり、行動は習慣となり、習慣は人格となる!”いつもやわらかい心を持ち、苦しいことや問題にも正面から取り組むと共に、小さなことでも感激・感動する心を持ち続けていきたいものです。

「きょう、もし御声を聞くならば、あなたがたの心をかたくなにしてはならない。」(ヘブル3:8 新改訳)

2009年12月20日    小坂圭吾