2007年8月20日月曜日

目的と目標

      湘南の朝、今日もパチリ湘南海岸・茅ヶ崎の海を5年9ヶ月にわたりほぼ毎日、ではなく毎朝欠かさず撮り続けている地元写真家・高橋昭和さんの紹介が、先日の朝日新聞に載っていました。早速、ウエブサイト「茅ヶ崎熱血情報」に飛んで見ました。午前10時、今朝の撮りたての写真が載っているではありませんか?高橋さんは熱血カメラマンで、自宅を出るのが午前2時過ぎ。自転車に乗って海岸に乗りつけ、デジタルカメラで撮影を始める。午前5時半まで海岸をくまなく歩き、午前8時過ぎには、自分のウエブサイトに載せている。湘南の情景を毎日見ることが出来るので評判になり、最近のアクセス数1日3千件との由。「茅ヶ崎の風景は、刻一刻と変化し、一度たりとも同じ情景はない。海は、毎日私に力を与えてくれる。忙しい人ほど、この海に来て幸せになってほしいね。」高橋さんは、目的意識の一旦を語っておられた。74年ぶりに国内最高気温40.9℃を記録し、厳しい暑さにうんざりしている中、とてもさわやかなサイトでした。   
        
        目的と目標誰しも行動を起こすときは、何らかの目的意識を持って行動します。その目的意識もしっかりとしたものでないと長続きしません。目的意識は、さらに具体的な目標をもって取り組む必要があります。教会の目的は、神から与えられた「礼拝」「交わり」「弟子づくり」「ミニストリー」「伝道」で、重要なキーワードは「目的とバランス」です。良い目的を考えることは、なかなか難しいものですが、見つけることが出来れば、それに基づいて目標を定め、具体案を考え出すことが出来ます。すなわち、目的 → 目標 → 具体案 と進んでいきます。幸いなことに、教会としての目的は神から与えられています。それについて、各教会の状況を把握し目標を考えるのです。教会として、各目的について目標を定めて取り組み、5つを“バランスよく取り組む”ことが重要な鍵です。今年は、「礼拝」に力を入れます、「交わり」を深めましょうというだけでは、単なるスローガンにしか過ぎません。目標を定めて、具体案を示していきます。そのことによって、“バランスよく取り組む”ことについて行動できるレベルになるのです。目的と目標の定義について辞書を引いてみますと、目的とは「実現しようと目指す事柄、行動のねらい」であり、目標とは「行動を進めるにあたって、実現達成を目指す水準」とあります。目的が明らかになると、それについて具体的な目標すなわち実現を目指す水準を定めます。少し言葉を変えますと、目的の内容をより具体的に分けれないか、分離できないかを考えると言うことです。そして目的・目標を実現する具体案すなわち実行計画を考えるのです。この具体案の良し悪しが目的・目標を実現できるかどうかを左右するわけですので、ここが一つのがんばりどころです。

ある教会の今年の方針と計画書なるものを見せていただきました。そこには、「2007年度の御言葉と方針」が書いてあり、この教会では、「人生を導く5つの目的」を使ってスモールグループを始めています。教会の目的に5つの目的をしっかりと掲げて、それぞれの目的毎に具体的な目標を掲げてありました。たとえば、
礼拝―――全会員の礼拝出席を目指し、第3番目の水曜礼拝(10時30分)を始める
交わり―――スモールグループ(2年目)の拡大と深化、互いに祈りあう教会を目指す
等々が掲げられ、これらについて更に具体的な説明すなわち具体案が示されていました。たとえばスモールグループ(2年目)の拡大と深化については、どのように拡大を図るのか?深化していくのか?が書いてありました。具体的にはこのようにやっていくという案がありました。これで、スローガンだけでなく具体的にどうするかがはっきりします。それらを着実に一つ一つ実行していきますと、おのずから成果が見えてくることでしょう。長年、人材教育・人材開発の仕事をし色々と見てきましたが、伸びる組織、伸びる人材は、目的と目標がはっきりしていて、それに基づく具体案を着実に実行していることを見ることが出来ます。教会もこれが基本なのです。

このように計画した目的・目標は、目的毎の目標レベル・深化の具合がまちまちです。それは、各教会の歴史の中での現在の状況であり、それが土台です。教会として、その現実を踏まえて具体的な目標を毎年立案し実行していきますと、次第に全体のレベルが整い、バランスが取れてくることでしょう。目的とバランスは、実は教会だけのことではなく、私たち一人ひとりにとってもまた大切な事柄です。

2007年8月20日     小坂圭吾     (PDキーワード:目的とバランス)

2007年8月17日金曜日

健康余話「健康十訓(続き)」

分な睡眠         
「十分な睡眠」は、“5、少衣多浴 6、少煩多眠”の項目です。今から3年ほど前、PDJミニストリー立ち上げのため、ビジネスのかたわら多忙な毎日を送りました。企業経営に携わりながらも一方でミニストリーの立ち上げ責任者です。考えることや思い煩いや気遣い等が山積し、寝ても覚めても考えていたために神経がやられ眠れなくなってしまったのです。夜眠れないということは、あまり経験がないことでかなりしんどい思いをしました。眠れなかった翌日は、心も体も重くイライラです。その時、リック・ウォレン著「人生を導く5つの目的」《The Purpose Driven Life》の本を再度(3回目でしたが)最初から丁寧に読み始めました。ひとつひとつ実践していく中で、11日目に“思い煩い”のことが出てきたのです。「ある問題のことばかり心の中で繰り返して考えてしまうこと、それは思い煩いと呼ばれています。問題ではなく、神の言葉について心の中で何度も繰り返して考えること、それが黙想です。視点を問題から聖書の御言葉に移せばよいのです。」なるほどと納得しました。また、妻が「寝る前や夜眠れなくて目が覚めたとき、賛美デボーションテープを聴いたらどうか?」と薦めてくれ実行しました。問題ではなく賛美を、神の御言葉をふんだんに心に注ぐようにしたのです。すると、次第に癒されていくのが分かってきました。問題をいつも思い起こすのではなく、神の御言葉を思い巡らすことによって、思い煩いが間違いなく減っていきます。そして、「短い言葉で祈る」ことを一日通して継続して行うときに、神様は私の心を思い煩いから開放してくださるのです。すると、夜眠れるようになり、夜目が覚めてもまた安心して眠れるのです。この経験からも、横になってスーと眠れることの幸い、そして十分な睡眠の必要性がよく分かります。その前提は、実は「心の平安」と関係が深いのです。
「あなたが横になって眠る時、恐れることなく、心地よく眠ることができる。」
(箴言 3:24 現代訳) 
  
       心を守ろう!「心の平安」については、“4、少欲多施  7、少言多行 10、少憤多笑“の項目が広い意味でこれにあたるでしょう。健康な生き方のポイントは、これが一番重要です。この「心の平安」が、健康な生き方の根底であるということができます。心が平安であれば、体の全てに良い影響を与え、心が病めば体もおかしくなることは言うまでもありません。心が平安であれば、十分な睡眠も取れますし、運動をする意欲も湧いてきて、食事もおいしくいただけるのです。これらが相互に良い影響を与えていることも事実です。これに関係して“病は気から“――病気は気持ちの持ちようでかかるものだ――という言葉があります。何度も次のような経験があります。少し熱がありどうやら風邪を引いたらしい、明日は仕事の都合でぜひ治りたいと思うときのことです。夕食を食べて横になり、賛美テープを1-2時間しっかり聴きながら、主に癒されるように心から祈りながら寝るのです。翌朝には不思議と癒されて出かけることが出来、多少ふらふらしても夕方にはシャンとしたものです。ところが、どうしても直りたいとの気持ちが無いときは、同じ事をしても2日間ほどゆっくりと寝ております。
「何よりも、心を守りなさい。命の泉が湧いてくるところだからである。」
(箴言 4:23 現代訳)

「愛するあなたが、魂においていつも恵まれているように、すべてのことにおいて恵まれ、また健康であるようにと、私は祈っている。」(ヨハネⅢ 2 現代訳)

2007年8月7日    小坂圭吾

2007年8月5日日曜日

健康余話「健康十訓」

                   テレビの「笑点」関東地方も10日ほど遅い梅雨明け、スカットさわやかな青空で気持ち良しと言いたい所ですが、イヤー暑い日々が続きます。夏休みの方もあることでしょう。今回は、堅い話から少し脱線して、息抜きの話をさせていただきます。少しだけお付き合いくだされば感謝です。
先日の朝日新聞にこんな記事が載っていました。テレビの「焦点」ではなく「笑点」でしたね!に出演している落語家の林家木久蔵さんが放つだじゃれに「雨がもるわね。やーねえ」があります。これを愛する神奈川県内の屋根工事業者が、NPO法人「神奈川・屋根屋の会」を立ち上げ、悪質業者がはびこる業界を改善しようと商売抜きで消費者の無料相談に乗る、とのお話でした。屋根屋の会の設立記念には、林家木久蔵さんは「やーねえ」とは言わずに講座に上がり、ユーモアを交えてこのNPO法人の後押しをしたとのことです。この記事を読んで、我が家の2階ベランダでいつもと変わらぬ風景を見ていてふと「長年、南側の風景は、かわら(瓦)ないねえ(無いねえ)」と思いました。東西両隣の家は瓦屋根ですが、南方面はまったく瓦屋根が無いのです。この10数年で屋根の形も変わり、時代の変化を感じます。
 
              健康十訓暑い夏ですので、心と体の健康のことについて書きましょう。私たちの体の健康の要素は何かといえば、①正しい食事、②適度な運動、③十分な睡眠 ④心の平安です。体の健康を保つには、これらのバランスが必要であることは、言うまでもありません。
健康について、面白いものを見つけました。何年ぶりかに(平均すると7-8年に一度ほど)、
足首や手首を痛めるとお世話になる接骨院に行きました。ふと壁に書いてある「健康十訓」なる言葉が目に留まりました。院長に「面白いですね」と話したところ、コピーをいただきましたので紹介します。
 1、少肉多菜  2、少酒多果  3、少車多歩  4、少欲多施  5、少衣多浴
 6、少煩多眠  7、少言多行  8、少塩多酢  9、少食多噛  10、少憤多笑
一つ一つがとても意味ある言葉で、食事のこと、運動のこと、睡眠のこと、心の持ち方と健康に必要な事柄が並べてあります。上手にまとめたものだと感心しました。

                           正しい食事と適度な運動まず、「正しい食事」についての事柄ですが、“1、少肉多菜  2、少酒多果  8、少塩多酢  9、少食多噛”がこれにあたるでしょう。肉を減らし野菜を多く、酒は控えめに、塩を減らし、腹8分でよく噛むこと、とはよく言われる事柄です。もう20数年も前ですが、教会で玄米食の素晴らしいことを聞かされ、家内が早速それを取り入れました。岡山育ちの私は、おいしい米どころ出身ですから、玄米食の良さをそれなりにわかっています。玄米に小豆や雑穀を入れて炊きますので、毎日赤飯です。慣れますとこれ以上においしいものはありません。また肉はやめて魚、そして調味料も良いものを選ぶようにと教えられました。正しい食事を取ることは、若いころはあまり関心がないものです。とかく暴飲暴食しがちで、病気を患うなどして初めて目が覚めることが多いものです。「食事のとり方を見れば、その人の潜在的な力量がわかる」とまでいった人があります。そういえば、学生時代の時、教会の長老が、「食事は、頭で食べるものだ!」と言われたことを思い出します。

「適度な運動」については“3、少車多歩”の項目で、車社会である現代にふさわしい事柄で運動不足に気をつけることです。1日1万歩は歩こうと“全日本歩け歩け運動”のボランテイアをしている友人は、それこそ全国を歩き回っています。毎年送られてくるポストカードの年賀状は、昨年行ったトピックスの写真がのっています。先日、ある御夫婦の方が我が家に来られ、お茶の時間をご一緒しました。ご主人は、定年退職後に脳溢血で倒れて入院、その後自宅で静養しておられます。毎日、とにかく1時間は歩くことを心がけておられて、事前にお聞きした様子よりはるかに快方に向かっておられました。ウオーキングは、とても健康に良い事を耳聞きしているのと少しは体験していましたので、そのお話をして励ましの言葉としました。これからも、私たち夫婦でよい交わりを続けられればと祈っております。運動と言えば、体調を崩してなかなか回復しないとき、「もう養生するのは、この辺でいいだろう!」と思い切って運動すると、スキッと体調が良くなることを何度も経験しています。    (続く)

2007年8月5日    小坂圭吾