2008年3月25日火曜日

健康余話「歯を磨く→人格をみがく(2)」

     人格をみがく先日、知人Tさんがメールをくれました。彼は歯科に通院していましたが、最後の治療とな り歯科衛生士さんが「歯磨き指導」をしてくれたとの事。彼の磨き方は、上の一番奥の歯(親 知らず)に歯ブラシが当たっていないとのことでした。歯磨きでいちばん難しいところでもあります。ダジャレの好きな彼は、すぐに「なぞかけ」を思いつき披露しました。“私の磨き方とかけて、宝くじと解く。その心は、いつも当たらない。”なるほど面白い!と思いつつ、磨き方を学んで実行しているかな?と思ったりしました。

本論に戻しますが、歯の磨き方には、①歯本体を磨く、②歯と歯の間を磨く、③歯の基を磨く、の3つが大切で、歯の掃除(クリーニング)では徹底して磨いてくれます。歯磨きのやり方が悪いと、女性の歯科衛生士さんが「歯磨き指導」をしてくれますが、この「歯を磨く」ことには、「人格をみがく」ことに通じるものがあります。

①“歯本体を磨く”とは、自分自身を磨くことです。聖書的な考え方に基づいて、知識において、その考え方、思考、行動、言動等において自分を高めていく努力をたゆまずしていくことです。その結果、御霊の力によって品位とも言うべきものが整えられていきます。ピカピカの白い歯でも、歯磨きを怠っていれば、やがて黄色くなってしまいます。私たちの人格も、毎日磨いて向上させなければ、やがて錆付いてしまうのです。
②“歯と歯の間を磨く”とは、人と人との関係を磨くことです。家族関係の中で、特に夫婦関係の中で、教会員との関係の中で、職場での上司、同僚、部下との関係の中で、自分の在り方を考え、自分が何者かを理解していくのです。互いに刺激し合って、成長させられていきます。様々な関係の中で、基本は夫婦で、そして親子かつ兄弟という関係の中で、私たちは育てられます。神が私たちを創造されたことを思う時、人との関わり合いの中でこそ、生きることの意味が分かってくるのです。生きることは、関係の中でそれを整えていくことです。
③“歯の基を磨く”とは、私たちと主なる神との関係をいつも正しく整えておくことです。土台である歯の基がしっかりしてなければ、いかに歯の本体を磨いても意味をなさないのと同様に、私たちも生きることの土台である「主なる神との関係」をしっかりすることが大切です。聖書に生きる、福音に生きるとは、この主なる神さまとの関係を揺るぎないものにする事です。これは、私たちにとってデボーションを確立することであるとも言うことができます。

歯磨きにおいては、③歯の基を磨き、②歯と歯の間をしっかり磨くことが大切であり、それを意識して磨くことが重要だと教えられました。けれども、とかく①歯の本体を磨くことに力をいれてしまって他を疎かにしがちです。「人格を磨く」ことにおいても、実は③が最も大切であり、その次が②であり、①の自分自身を磨くことは、もちろんそれ自体大切なことに違いありませんが、これらの結果として出来てくるように思われます。優先順位を間違えてはならないことを教えられます。

        分かったつもり!
私たちの信仰生活において、“分かったつもりになっている”ことがなんと多いことでしょう。たとえば「主の恵み」についてですが、“数えて見よ主の恵み”とあるごとく、数えだしたら数え切れないほど主の恵みはあるはずです。そうは思っているものの、正直それを数えたことはありません。「主の恵み」とは、ふさわしくない者に神が与えてくださる良きものです。”ふさわしくない者に”がポイントですが、これが実に分かっていないのです。また、“恵みだ”ということがこれまた十分に分かっていない。頭で分かっていても、心で分かっていない自分を見出します。知識として分かっていることと、心から理解し腹の底にストンと落ちて分かっていることには大きな違いがあります。
「信仰は体験」と言われますが、体験を積んでこそ頭ではなく心で腹にまで落ちて分かるのだと思います。「一を聞いて十を知る」と言われますが、それは、「一部分を聞いただけで全体を理解できる程に頭がいい様子」と国語辞典に解説してありました。私たちにはどうも「十を聞いて一を知る」くらいの謙虚さが必要であり、その姿勢で物事に取り組んだほうがいいのだと思わされています。霊的な事柄については、分かったつもりにならないで「十を聞いて一を知る」姿勢でありたいと思っています。

すると、主はこう仰せられた。「行ってこの民に言いなさい。『あなたがたは聞くには聞くが、悟らない。見るには見るが、分からない。』」(現代訳 イザヤ6章9節)
 
2008年3月25日    小坂圭吾

2008年3月10日月曜日

健康余話「歯を磨く→人格をみがく(1)」

         花粉症の季節花粉症の季節になり、昨今は花粉に加えて黄砂が中国から飛んできて、3-5月には日本列島を覆います。花粉症の方は、日本全体で15%くらい(場所によっては20%くらい)はあると聞いています。私も花粉症とは長い友達付き合いで、神奈川県南足柄市にある工場に10数年も勤務していた折に花粉症にかかりました。箱根の外輪山、分けても大雄山という山に大きな杉の木があり、3月ころになると南足柄市の家々の屋根は黄色くなります。風が激しいときに大雄山の山を見ると、花粉が吹き上げているのが分かります。昨今は、良い点鼻薬や目薬が出来ていますので、きちんとそれらを使い手当てを毎日しますととても楽に過ごせます。この苦しさ、いやなことは、経験者でないと理解できませんね。

先月、数年ぶりに十分説明をしてくれる医者に行きましたら、「1月にはいると早くから点鼻薬と目薬を毎日決められた時間にさしておれば、ほんとに楽に過ごせる。5年も経つとかなり軽くなる。飲み薬はもうほとんど使わないよ」と教えて下さいました。そうか、それで私も軽くなったのだと分かりました。花粉が飛び始める早い時期から予防を始めれば効果があり、鼻水やくしゃみが出だしてあわてて治療してもその年は手遅れであると強調していました。納得のいく説明を受けて感謝でした。何事も早い準備が必要なことを思わされました。
                   
           歯を磨く ところで、今日の健康余話は「歯の健康」について書いて見ましょう。私たちは毎日歯を磨いています。朝起きてから、そして寝る前の少なくとも2回、あるいは1回の方もあるかもしれません。私の場合は、簡単ですが食後にも磨きますので1日に3-4回程度になります。歯の磨き方は、分かっていますか?ほとんどの方が分かっていると答えるでしょう。どっこい、分かっていないのですね。分かっているつもりになっている!実は、私もそうだったのです。

もう10数年前にさかのぼるお話ですが、ぜひお聞きください。私は、歯については、以前から虫歯もほとんどなく丈夫であると自信がありました。歯医者にお世話になることはほとんどありません。ところが、歯の不調で歯医者に行ったところ、こっぴどく叱られました。歯槽膿漏(しそうのうろう)になっていたのを知らず、そのままにしていたのです。それ以後、歯磨きは徹底するようになり歯槽膿漏は治りました。

10年ほど前からは少なくとも一年に一度歯医者に行って、歯の掃除(クリーニング)をしてもらうようになりました。歯の掃除をしてもらい、終わった後で歯の磨き方、特に自己流で悪い所についての指導があります。なるほどこうすればいいんだなと分かったつもりになって帰宅します。翌日から、教えられたことをその通りやっていきますが、時間が経つといつの間にか自己流になっているのです。翌年、歯医者に行ってまた歯磨きの指導を受ける羽目になるのです。なにしろ、自分で鏡を見ただけでは、良いか悪いかはわからないのです。先日も歯医者に行ったところ、指導されているとおりに綺麗に磨けているということでお褒めの言葉を頂きました。「100歳までこのまま使っていきましょう。」と励まされ、「まだまだ先の事ですが…。そうしたいですね。」と答えながら嬉しくなりました。数年前は、「90歳までこのままでーー」と言っていた歯医者さんですが、今回は10年も延ばしたがいいのかな?と思いながら帰宅しました。

     歯の磨き方をご存じですか?毎年歯医者に行く度に、歯磨きのやり方を教わります。自己流で悪いところについては、必ず指導を受けました。歯の磨き方は、①歯本体をしっかり磨く、②歯と歯の間を磨く、③歯の基を磨く、の3つが大切です。歯医者に行くと徹底してこれをやってくれ、掃除が終った後はピカピカで気持ちよくなります。毎年一回は歯の掃除(クリーニング)をしてもらい、歯の磨き方を指導してもらいましたので、指導を受けてから数年後にはやっと分かった、出来るようになったと思います。それまでは、歯の磨き方が分かってなかったように思います。分かったつもりになっているに過ぎなかったようです。「歯を磨く」ことの指導を受けて、これは「人格をみがく」ことに通じるものがあると感じました。次回は、このことを少し詳しく書いていきましょう。 (続く)

2008年3月10日    小坂圭吾