2009年9月19日土曜日

今を生きる 「あるべき姿を求める(2)」

   イチロー、新記録安打達成!
  イチローがまた新しい記録(連続9年間200本安打)を達成しました。野球史上に燦然と輝く記録ですが、その背景にある彼の野球への取り組み姿勢に着目しています。イチローのすごさは、打撃技術もさることながら、試合への取り組み方、あらゆることに万全の準備をすることに感嘆します。たとえば、健康管理、けがをしないために、クラブハウスでフカフカのソファに座らないでパイプイス、それは長く座ると腰に負担がかかる。自分をコントロールして精神的にマイナスにならないようにするために、三振しても凡退しても堂々と胸を張ってベンチに戻る。体力作りについては、彼オリジナルの方法で厳しく鍛錬している。あらゆる面において、どうあるべきかを考え追求しているのです。打撃技術については、アメリカのピッチャー総てが必死になって研究を重ね戦いを挑み続けて来るのですから、イチローも必死になって“どうあったらよいか”を考え、工夫を重ねて新しい打法を編み出し走り続けているのです。  

    一喜一憂しない  
 イチローの姿を見て、私たちの日常生活に模範として取り込むには、あまりにも差がありすぎる感があります。「どうあるのがよいか?」と常に考え実行しているプロセスでは、そこまでやるかと思うほどです。ひと言で言えば、鍛錬と節制ですが、そのなかで参考になることは、多々あります。三振しても凡退しても堂々と胸を張ってベンチに戻り、今回のように素晴らしいことを成し遂げても冷静です。自分をコントロールして一喜一憂しない彼の姿です。私たちの日常生活の中で、とかく一喜一憂が多いのですが、どうあるべきかを教えてくれます。
 打撃技術をはじめ、あらゆる事に万全を尽くしての準備を怠らないイチローですが、「打撃と言うものには、これでいいと言う形はない。従って、答えもなければ、終わりもない。」との言葉のように、彼は、常に理詰めで考えてあるべき姿を探し続けているのです。 

     人生の模範にならう
 私たちの人生の歩みについて「どうすべきか?あるべき姿は?」ついては、私たちの模範が聖書にあります。パウロは、「私にならう者となってください。」(Ⅰコリント4:16 新改訳)と言っています。パウロと比較して自分を見ると、その格差をおのずと感じますが、至らなさに着目ではなく、パウロの信仰にならおうというのです。模範を見て、自分の出来ることをやっていく。自分は自分でしかありませんし、模範にならいつつ自分らしさを発揮しながらやっていけばいいのです。

私の家では、月に2回ほど子供たちを集めて、妻が習字教室を開いています。「教会の看板だけでなく、孫に教えてあげるのもいいね!」と言うことがキッカケで始まったのですが、お手本をしっかりまねる子は、見る見るうちに上達するそうです。習字は、いつもお手本を見て、あるいは、お手本の上に紙を置いてその上から書いていきます。そうすると間違いなく腕があがります。私も小学生のとき、このようにして何年も習いました。(その割には、字がうまくなく、今は読みやすいとだけしか褒められたことがありませんがーー。)
模範・お手本と比較をして、違いを見て改善していきます。信仰生活において模範にならってできていることもあれば、少なくともこれは改善すべきことも多々あります。イエス様や使徒たちの模範と比較して、自分の足りない部分について、主の助けをいただきながら改善をし、イエス様にならう者として励んでいきたいものです。

「このように、主であり先生であるわたしが、あなたがたの足を洗ったのですから、あなたがたもまた、互いに足を洗うべきです。わたしがあなたがたにした通りに、あなたがたもするために、模範を示しました。」(ヨハネ13・14-15 現代訳)
 
2009年9月19日    小坂圭吾

2009年9月7日月曜日

今を生きる 「あるべき姿を求める(1)」

     衆議院選挙で政権交代!
 8月30日の衆議院選挙で、民意の劇的なうねりの中で民主党が圧勝し、日本の政治に政権交代という新しい扉が開かれました。もう数年以上も前から自民党のやり方にうんざりしていた一人ですが、半年くらい前から、急激に地殻変動が起こりつつありました。29日に不在者投票に行きましたが、人が多くて50分待ちの状態でしたので、30日に投票しました。選挙権を得てから今日まで棄権をしたことはありませんが、今回ほど投票所が混んだ事は初めての経験です。
  ところで、注目の選挙区の当選者の方々のインタビューを聞いていて、政党に関係なく当選した方々の共通している点を発見しました。それは、自分の考えにブレがなく、信念を持ってやり抜いていること、そして政治家として自分の強みを生かして、“日本はどうあるべきか?やるべきことは何か?”がはっきりしていることです。そして、民意がどこにあるかを体でもって把握しているように感じました。これらの若手あるいは中堅議員の方々が、今後大いに活躍されることを期待致します。  

         うまいラーメン屋
  もう数年前になりますが、我が家の近くにラーメン屋さんが何軒も開店しました。昼食時などに気軽に行って味見をして、いつの間にか店の評定していました。あの店は雰囲気がよい、挨拶がよい、この店は麺がよくない、味が今一歩、こちらの店は値段が高い、メニューが総花的である、ここの店は綺麗ではないが麺と味にはこだわりがある――等々色々な観点から見ています。自分の頭の中には、あるべきラーメン屋なる店があり、それとの比較をしています。何回か行きますと、その店の評価が私なりに決まっていきます。家の近くに6-7軒ありますが、安くてそれなりにおいしい店もあります。年に数回は行く店で、先月、クリスチャンの知人Sさんにバッタリお会いしました。「安くておいしい店なので、時に来るのです」とのことで、奥様もご一緒で久しぶりに会話が弾みました。この店はチェーン店ですが、最初の頃と比較しますと、お客への対応、メニュー、味も改善されたと感じています。きっと顧客のことを考え、あるべき姿を思いながら改善したにちがいありません。

       60歳代でクリスチャンに
  知人Sさんは、60歳なかばで会社生活を終えて教会に通い始められ、一昨年のクリスマスに洗礼を受けられました。会社生活の先輩として存じ上げており、Sさんが教会に通い始めてまもない頃、これまた先輩のKさんを通してお会いしたのです。Sさんは、海外勤務で約20年間市場開拓に従事され、慌ただしい環境の中では、宗教に思いをはせる余裕はありません。40数年間の会社生活から解放されて、これからの過ごし方を考えた時、「人生にとって何が大切か、どうあるべきか」「心のよりどころは」といった課題に直面されました。かつての仲間や身近な知人と人生を語り合う機会が多くなり、その中にはクリスチャンの方もおられ、キリスト教が度々話題となります。それが契機で、Sさんは「よし、聖書を学んでみよう」と決意されます。後から思えば、色々な導きがあったことが思い出される由。30数年前に建てた横浜の住居に戻られ、幸いにも教会が徒歩圏内にあり、教会に行くようになりました。その後まもなくして、Sさんにお会いしました。「礼拝は、欠かさず出席するようにしています!」とのお話でした。「人生を導く5つの目的」の本を差し上げるつもりでしたが、「買って読みます」と言われました。「これは本気で求道されるのだ。神様を見出されるのもそう遠くはない!」との思いがよみがえります。

 「人生にとって何が大切か、どうあるべきか」を考えることは、どの年代であっても大切な最重要事項です。私の場合は、幸いにも学生のときにそのことを考えることが出来、神様を見出すことが出来ました。それから40数年になりますが、神様に出会われた方のお話を聞くにつけ、その方にとっては、“まさにこのときが神のときであった”と思わされます。そして、真実の道を求める、若い心のときであったのだと思うのです。

「あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また『何の喜びもない。』と言う年月が近づく前に。」(伝道者の書12:1)
 
2009年9月5日    小坂圭吾