2007年11月27日火曜日

一歩ずつゆっくり成長

         重要なキーワード今までにPDについて3つのキーワードについてお話をしてきましたので、ここで簡単に要点だけを整理をしておきます。
①目的とバランス―――「教会の目的」は神様から与えられており、5つの目的(礼拝、交わり、弟子づくり、ミニストリー、伝道)です。「5つの目的とバランス」を保つことが教会として重要な第1番目のキーワードです。バランスを保つためには、個々の目的について、各教会の状況を把握し、目標を考えて具体的に取り組むことが重要です。単なるスローガンではなく、目標を具体的に行動できるレベルで取り組むことです。
②外側から内側へ―――教会の出発点は、まだ福音を知らない地域の人々、地域住民をターゲットにして、教会への架け橋を作り、導くことがスタートです。そして段階を追ってこれらの人々を育てていくことで、「内側から外側」ではなく、「外側から内側」に向かって成長させていくのです。教会のあらゆることについて、神を知らない人の目線・立場に立ち、敷居を低くして取り組むことです。
③スモール・グループ―――健康な教会形成における霊的成長のためには、2種類の集まりが必要です。一つは、大きなグループとして関係する人がみんなで一堂に集まるいわゆる「礼拝」、二つ目は、小さなグループとして親密な交わりのある「スモール・グループ」です。このスモール・グループこそが、親密な交わりを体験するに最適な場所で、交わりを通して「温かさ」に成長していきます。本音の交わりが出来るような工夫と仕掛けも必要です。ストレスがますます多くなり、精神的に病んでいる人多い現代では、これが教会には欠かせない活動です。

                              歩ずつゆっくり成長これら3つのキーワードについてお話してきましたが、第4番目のキーワードは、「一日一歩ずつゆっくり」です。先に5重の同心円(教会は5つの異なるグループに属する人々と関係を持っている)について説明し、「外側から内側に向かって成長」していくことをお話しました。
5つの異なるグループに属する人々とは、以下の通りです。
①地域住民: 教会周辺の住民のこと。教会には全く出席しないか、時々出席する程度。
②群衆: 教会には定期的に出席するが、教会員ではない人々のこと。
③会衆: 教会員として、神の家族とキリストへの献身を表明している人々のこと。
④献身的なメンバー: 霊的成長に献身している教会員のこと。
⑤核となるメンバー: 教会のミニストリーや伝道に活動に活発に関わる教会員のこと。
5重の同心円の一番外側に①があり、順に内側に②、③、④とあり、一番内側が⑤になります。
“地域住民を群衆に、群衆を会衆に、会衆を神の働き人(献身的なメンバー、核となるメンバー)に変えていくという教会の働き”を進めていくことです。これが教会を「内側から外側へ」ではなく、「外側から内側へ」向かって成長させていくことなのです。外側の人々が、内側に向かって教育・指導され成長をしていくのです。教育という言葉は、「共育」すなわち共に育つとも書きますが、教育することによって教える人自身も共に育つのです。若い時には、このことはしばしば教えられた言葉です。

この教育・指導をして行くときに、“ゆっくりと育てる”ことがポイントです。STEP BY STEP、一歩ずつゆっくり成長するように仕向けるのです。かつての信仰生活入門・講座の内容を見ますと、“鉄は熱い内に打て”式に重要なことはあれもこれも教えられたものです。それで消化できた人はよかったと思いますが、そうでない人も多くいたことでしょう。具体例として、十分の一献金について言えば、若い学生時代に信仰持った者としては、聖書の教えとして“重要な目安ですぐに実行するように”と教えられれば、なるほどとすぐに実行したものです。そのことは、私の人生でとても祝福され、ほんとに良かったとは思います。しかし、教えるタイミングは考える必要があるように思います。時代も大きく変わった現在、学力低下や忍耐力の不足、精神的に弱い方が増えている状況下では、“一歩ずつゆっくりと成長”するように導いていくことが必要です。特に“地域住民を群衆に、群衆を会衆に”導いていくときは、このことの配慮が特に大切なように思われます。

2007年11月27日    小坂圭吾     (PDキーワード:一日一歩ずつゆっくり)

2007年11月20日火曜日

祈り「沖縄に行ってきました!」

沖縄・ハイビスカスの花 先々週は、義理の弟の病気見舞いのために沖縄に行きました。早く行きたいと思いつつ、やっと実現し感謝です。こちらは晩秋ですが、沖縄はまだ夏の終わりといった感じで、宿泊したホテルのプールも先月末までは泳げたようです。最初の沖縄訪問は、まだ沖縄返還がされてない学生時代に、クリスチャンの友人とそれなりの問題意識を持って行きました。前回は8年前で、義理の弟が元気なときで、色々と案内をしてくれました。今回、病気見舞いと家族への励ましと交わりが出来ればと願いつつ訪問しました。今までに感じられなかった沖縄のよさを色々と発見しました。まず目に入ったのがハイビスカスで、花は大型で南国の青い空をバックにした赤いハイビスカスが一番です。民家の庭の大きな木に赤い花がたくさんついているのを見ると「沖縄だな~」という感じと日本唯一の亜熱帯気候だと分かりました。沖縄県の人口は約137万人で、日本の人口の約1%。出生率が高く15歳未満の年少人口比も当然高くなり、一方85歳以上の高齢者の占める割合も高く、老年人口での高齢化はもっとも進んでいるとのことです。分かりやすく言えば、“健康で長生きしている長寿の地域”です。なぜなのかを色々と見たり、聞いたり調べたり、食べたりもしました。
①温暖な気候とゆったりした生活リズムーー“のんびりでいいよ”とは良く聞く言葉で、暑いときもあるとはいえ、10℃を下ることがない温暖な気候、そして亜熱帯の豊かな自然が織り成す事柄のようです。②バランスの良い食生活ーー野菜と豆腐をまぜあわせて作る「チャンプルー」は家庭料理の代表格です。③地域の結びつきが強いーー家族の結びつきがとても良いばかりでなく、教会もとても仲良しであると聞きました。
                             守礼門(しゅれいもん) 
義理の弟の親族の方々(3家族)と夕食を頂きながら、沖縄のことを色々と聞く中で、家族の結びつきがとても強いことを知りました。今から400年ほど前から「琉球は守礼の邦と称するに足りる」と言われるようになり、世界遺産・首里城の大手門に値する”守礼門”に、その額が掲げられています。“礼を重んじ守る”良い風土として受け継がれてきたのですが、近年かなり壊れてきていると嘆きも聞かれました。その日の午後、親族の方々に贈り物をするために、那覇にあるキリスト教書店・ライフセンターに行き、本やカレンダーや聖句を買いました。そこの店員の方とお話をしたとき「沖縄では超教派で仲良くやっていますが、実はその上にもうひとつ文字がついて、超・超教派で一緒にやるのです」と言われ、それほどまでに親しい交わりがある、仲良く活動することが出来るのは素晴らしいと思いました。やはり「守礼の邦」なのですね。同じ神様を信じる群れとして、模範を見る思いがしました。この書店には、PDJの本は全て揃えてあり、11月始めに発売した「人生の難題はこうして乗り越えよう」は、2箇所に平積みにしておいてくださっていました。(写真は、書店に陳列されている様子を撮影)那覇市をレンタカーで少しだけドライブして見ますと、数字の上では知っていましたが、教会の数が多いこと、キリスト教関係の団体が目立ち、当然とは言えうれしいことでした。

数年前にサドルバック教会で開催された「2006 Purpose Driven Church Conference」に出席された宮古島の牧師夫妻からも、沖縄は仲良しの教会の話をお聞きしたことを思い出します。家族で、親族で、教会のスモールグループで、超・超教派でーー、いずれにしても深い交わりがなされていることは、何と素晴らしいことでしょうか。私も家族、親族をとても大切にする中で育ちましたので、そのような努力をしておりますが、沖縄での様子に触れて一層努力を傾けたいと願わされました。今回の病気見舞い訪問で、義理の弟の病気が何とか癒され、夫婦が救われるようにと一層心を合わせてお祈りをしています。
「あなたがたの中で、たとい二人でも、地上で心を一つにして祈るなら、それがどんなことであれ、天のお父様はそれをかなえてくださいます。」(マタイ 18:19 現代訳)

2007年11月20日    小坂圭吾