2007年12月29日土曜日

リーダーシップとマネジメント

                            2007年も終わりですね!2007年も残りわずかになりました。これを読んでくださっている皆さまにとって、この1年はどんな年だったでしょうか?私にとりましては、“人生を歩むギアをチェンジし、SLOW LIFEに変えた年”でした。60歳をすぎたころから、それまでと違って体調の悪いときが何度か起こり、無理をしてこの数年過ごしてきました。今年に入りギア・チェンジをしないとだめだと示され、SLOWギアに変更したしだいです。健康には人一倍気を使って管理してきましたので、今でも50歳前半と見られることがしばしばです。先日も20数年ぶりに教会でお会いした方から、「昔と変わらない!」と言われました。こんな時にほめられているのかそれともーーー?で返事に困ります。しかし、さすがに体力、気力の衰えを感じ、ギアを“ゆっくり、のんびり”に切り替えました。エイジング・マネジメント(加齢をコントロール、マネジメントする)の言葉も、ピンと来るようになりました。仕事を1/3に、ボランテアも減らし趣味を多く、といっても体を動かすことを多くと切り変えました。スポーツも90歳までは出来るようなものにしようと考えて復活させ、60歳の手習いを始めました。約半年にわたり試行錯誤しながら、それなりに地に着いてきたかなと思います。その結果、弱っていた体力、気力がかなり元に戻ってきて感謝しています。まだ64歳ですし、親から受け継いだDNAは健康体のようですので、仕事もボランテイアも趣味も、一つのミニストリーに生かせるように統合させて、“ゆっくり、のんびり”と一日一歩ずつでいこうと思っています。

          ドラッカー博士80歳の著作数ヶ月前ですが、息子から「この本読んだことある?」と聞かれ、経営学で著名なP.F.ドラッカーの本を持ってきました。「ドラッカーの本は、全て読んでないにしても分かっているよ」言いながら手にとって見ますと、彼が80歳(今から17年前)のときに書いた著作で「非営利組織の経営」という本でした。教会にとっては、とても大切なことが書いてあると勧めてくれたので読んでみました。80歳のときに書いた著作だと思いつつーー、何かしら励ましを感じさせられました。
非営利組織(NPO)というのは、教会、病院、大学、学校、ボウイ&ガールスカウト、難民救済、自然保護等を指します。この非営利組織は、無給のボランテアで支えられるようになって大きく発展しました。そこで必要なことは、“リーダーシップとマネジメント”です。50年前には、非営利組織にとってマネジメントという言葉は良い言葉でなく、それはビジネスを意味しました。教会のような非営利組織はビジネスではなく、あらゆる非営利組織が“マネジメントを必要なし”としたのです。教会も特にこの言葉を敬遠しました。しかし、今日の非営利組織は、マネジメントが必要であり、“マネジメントの使い方を知らなければならない”ことを知り、そのことが進行中であるとドラッカーは言っております。「非営利組織は、人を変えたときに役割を果たす。非営利組織が生み出すものは、治癒した患者、学ぶ生徒、自立した生徒、自立した成人すなわち変革された人の人生である」と書いています。アメリカでは、非営利組織がアメリカ社会の中心的かつ特徴づける存在です。日本でもかなり似たような状況ではないでしょうか。

非営利組織にとって必要な“リーダーシップとマネジメント”について、教会にとっては“リーダーシップ”は言わずもがなで、“マネジメント”こそ必要だと思われます。ビジネスを少しでも経験された方々は、すぐにこのことに同意していただけることでしょう。このマネジメント的センス・考え方を教会に導入できれば、どんなに教会が良いものにそして神の栄光を現せるものになることでしょうか。アメリカの大きな教会は、言うまでも無くこのマネジメント的センス・考え方を導入して、教会を運営していると考えられます。日本のお寺が、カトリック教会が、この非営利組織(NPO)の本質をうまく捉えて活動しているのです。PDについてキーワードの5番目は、実は「マネジメント」です。次回以降に、このことについて書いていきます。

今年、ここまでお読みいただきましたことに感謝を申し上げます。良い新年をお迎えになられますように、神様の祝福をお祈りいたします。

2007年12月29日     小坂圭吾     (PDキーワード:マネジメント)  

2007年12月4日火曜日

一日一歩ずつ

                              観音埼灯台昨年の秋ですが、横須賀にある観音埼灯台に登りました。それよりも先に、妻が借りてきた映画(ビデオ)「喜びも悲しみも幾歳月」(木下恵介監督)を一緒に見ました。新婚早々にやってきた観音埼灯台から、北は納沙布(ノサップ)岬、南は五島列島・女島まで灯台守・夫婦の苦節25年を、日本各地の風物をからめて描いた物語です。夫婦の愛情や親子の情愛の深さに感動しました。いくつも灯台が出てきて、あれは行ったことがある、これもと思いながら鑑賞しました。観音埼灯台は、白い貴婦人といわれ「おいら岬の灯台守は」の歌で知られ、 我が国で建てられた最初の洋式灯台です。家から近くにあるので、ぜひ行ってみようということになりました。大正12年9月1日の関東大震災で崩れ落ちて再建され、現在は三代目になります。どこの灯台も今やラセン状の階段(廊下)となっており、それをゆっくりと歩くと、最後はしごの階段を登る形が多いように思います。はしごの階段を登りつつ、映画に出てきたシーンを思い起こしました。灯台として3代目なのでしょうか、傾斜が緩やかな階段で、“一歩ずつゆっくり”歩いていくといつの間にか登ってきてしまったという感じでした。

        一日一歩ずつ
実は、私たちの信仰の成長も"一日一歩ずつゆっくり"歩いていけば、主が必ず成長させてくださいます。二歩前進一歩後退のような信仰生活であっても(それこそが現実的です)、必ず成長していきます。信仰の良い基本を身につけて、良い習慣化すれば必ず成長するのです。何もダッシュのように走りまくることはなく、ゆっくりでいいのです。12月に入りまもなく大掃除が始まります。大掃除といえば、日を決めその日に一気にやってしまう方が多いと思います。そうしますと、年末には色々とやることも多く、大掃除も重なり疲れがどっと出てきます。これはまずいなと気づきました。数年前から、我が家では、12月に入ると今日はこれ、明日はこれと決めて少しずつやっていくことにしました。すると、疲れもなく少しずつきれいになっていきますので、気持ちも良いものです。一日一歩ずつやっていくことによって、間違いなく目的達成です。                
                   皆さんは、水前寺清子の「三百六十五歩のマーチ」(星野哲郎 作詞、米山正夫 作曲)をご存知ですか?私のような年だと、誰もが知っているかと思いますが、歌詞を紹介しましょう。

『 ワン・ツー ワン・ツー/ワン・ツー ワン・ツー/しあわせは 歩いてこない/ だから歩いて ゆくんだね/一日一歩 三日で三歩/
三歩進んで 二歩さがる/人生は ワン・ツー・パンチ/汗かき べそかき 歩こうよ/あなたのつけた 足あとにゃ/
きれいな花が 咲くでしょう (以下省略) 』

私もこの歌は、ヨーク知っていますので、こうして歌詞を見ると思わず歌になってきます。一日一歩とにかく歩いてこそ、人生の花が美しく咲くことでしょう。神様から示されたことを、今日はこのことを一歩だけ進めてみよう、足を踏み出そうと決心してやる時、やがて大きな祝福、果実として実ります。継続して「一日一歩ずつゆっくり」がキーワードです。教会のプログラムにおいても、人の成長を願ってやっていくあらゆることを同じ考え方で、ゆっくりと進めます。「一日一歩」というキーワードは、ブログの世界では、とても多く使われています。色々な方々が、このテーマで書いておられますが、自分の成長のキーワードとして捉えておられるようで、人生の成長に書かせない言葉のように感じております。

2007年12月5日     小坂圭吾     (PDキーワード:一日一歩ずつゆっくり)