2008年2月25日月曜日

PDCAサイクル

      まもなく新年度?
一昨日、関東地区に春一番が吹き荒れました。歩けないほどの激しい風、ほこりが舞い上がり閉口しましたが、いよいよ春がそこまで来ていることを感じさせます。梅もほころんできて花をしっかりと開きかけています。まもなく新学期や新年度も始まりますが、新しい区切りを迎えるにあたり、誰しも来年度(あるいは来年)はこうしようと何かしら目標を作ろうという気持ちになります。

ビジネスマン生活の中では、企業における個人としての業務目標を少なくとも年度の初めに立て、年度末には成果を確認・評価し、来年度はこうすると目標を整理します。この方法は個人生活にも意味があると考え、かなり以前から取り入れましたが、今年はすこし怠惰になり(?)、1月もかなり経過してやっと作り上げました。企業であろうとNPO(非営利組織、病院・大学・学校や教会等の組織)であろうと、目標・計画を立てそれに向かって行動し、区切りで評価をし、改善点については次回に生かすことをします。大手企業では業務目標なるものを導入しているところが多いと思います。NPOにおいても、このことに取り組んでいる組織が多く見受けられます。この考え方は、組織に留まらず、個人においても実施しておられる方が多いことでしょう。


      PDCAサイクル
非営利組織にとって大切なマネジメント機能は、これからお話をするPDCAサイクル(マネジメントサイクルとも言いますが)を回す事です。これこそがマネジメントの基本であり、成功への必要条件です。計画を立て(PLAN)、実施し(DO)、その成果とプロセスを評価し(CHECK)、必要な部分について改善し(ACTION)、また計画を作り、実施するという流れです。(下図を参照)
          
                     PLAN(計画)    ←―
                          ↓            ↑
                       DO(実施)    
                         ↓       (PLANへ戻る)
                    CHECK(評価)  
                         ↓          ↑ 
                     ACTION(改善)    ―→  

先日、東京マラソン2008が行われました。男子マラソンのオリンピック選考会もあわせて行われましたが、これらの選手たちの練習状況を時にNHKなどで放映しているのを見ますと、彼らは間違いなくこのPDCAサイクルを回していることに気づきます。先週は、サッカーの東アジア選手権、ゴルフのアメリカ女子ツアー等が行われましたが、ここにおいてもチームであろうと個人であろうとこの考え方は当然活用されています。

教会において、この考え方を真剣に導入し実施しているのは、ほんとに少ないのが現状でしょうか?計画を立て実施しますがそれで良しとして終わり、よく言われる“やりっぱなし”です。教会運営において、特にその成果とプロセスを評価し(CHECK)、必要な部分について改善し(ACTION)、次の計画作りにつなげていけば、神様が後押しをしてくださり一歩も二歩も前進することでしょう。

JTJ神学校での学びのとき(もう10年くらい前ですが)、このことを厳しく取り組んでいる講師のお話を聞きました。講義の中でこんなお話をされました。「私は、自分がした説教を良かったかどうかを評価するために、毎週何人かの神学生や信徒の方に集まっていただき、良かった点と改善点を指摘していただいています。そして次回に生かすようにしています」と話されました。これは素晴らしい、すごい事だと感じました。その講師の方(牧師)は素晴らしい説教をされるとの評判がありましたが、その教会は運営と説教において間違いなく更に大きく成長するだろうと感じたのです。ビジネスの講師として教育研修に携わったときのことですが、一日が終わったときや研修が終わると、講師(インストラクター)として失敗談や困ったことを分かち合い、お互いに励ましや改善点のアドバイスをして腕を磨くことをしたものです。まさにPDCAサイクルをまわすことをしました。

NPOにおいてこのマネジメントが大切だと教えてくださったドラッカー博士ですが、彼の書いた著作を読みますと、彼は若いときからこのPDCAサイクルを個人的にも取り入れてやってきて、そのため良い仕事が出来たとも書いておられます。PDについてキーワード「マネジメント」ですが、今回お話をしたPDCAサイクルの考え方は、教会を運営し成功させていく上では、基本となる重要な必要条件です。

2008年2月25日     小坂圭吾     (PDキーワード:マネジメント)

2008年2月15日金曜日

健康余話「体の温暖化していますか?」

  冷えに悩まされている人は?
今月になって、東京・横浜地方も数回雪が降りました。2月上―中旬の日本列島は、昨年とは大きく違ってまさしく冷蔵庫のようです。雪の降った翌日ですが、近辺を散歩していて満開の桜に出会いました。年に2回咲くといわれる桜で、この寒い中でりっぱに花を咲かせているのを見て、思わずシュッターを切りましたが、何かしら励まされる感じを持ちました。

先日のお昼のこと、教会の外は一昨日から雪が舞っていました。寒い寒いといいながら三々五々に集まり、教会でお弁当を食べながら交わりをしていたとき、10人ほどの方々に、おもわずある質問をしました。「皆さんの中で、寒い冬で『冷え』に悩まされている人はいますか?」と尋ねたところ、多くの人が手を挙げました。それではと、この数年に教えられた“冷えを解決する方法”として3つのことを紹介しました。

第一は、体を温める野菜を取ることです。一般的には、夏野菜が体を冷やし、冬野菜は体を温めるといわれています。神様が造られたのだから、暑い夏の野菜は体を冷やし、冬野菜こそ体を温めるものとして造られたに違いないと考えたらどうでしょうか?なるほどと納得がいきます。冬野菜である大根、かぶ、ごぼう、白菜など根菜類などは、体を温める効果があります。これらは、野菜に含まれるビタミンCやEが、冷え症に効果があると言われています。体を温める野菜として忘れてならないものとして、ねぎ・しょうが・唐辛子があります。普段は、薬味やスパイスとして活躍している食材です。薬味やスパイスはどちらかというと苦手(?)でしたが、体を温めることを理解してからは、寒い冬にはすすんで使うようになりました。

第二は、たんぱく質が豊富な食材を食べることです。たんぱく質は本来、体を作る栄養素ですが、エネルギーに変えようと消化するときに熱を発生させ、体を温めると考えられている由。
カロリー数が同じメニューの食事でも、たんぱく質の多い食事を取ると冷えの解消につながるのです。たんぱく質が豊富な食材はと言えば、豆腐とか納豆とか、とにかく豆類はいいですね。牛乳、卵の白身、魚、肉などです。
これら二つの食材を、バランスよく食べることが大切です。厳しい寒さの冬には、これらの食材をうまく活用するかどうかで毎日の暖かさが違ってくるようです。

  体温を一度上げる(体の温暖化!)第三は、一日一回、体温を一度上げることです。最近、「エイジングマネジメント」という言葉をしばしば聞くようになりました。“いつまでもより若く、より健康に生きる”をコンセプトに自分の体を総合的に捉えて加齢をコントロールしていこうとの考え方のようです。その中で言われている若返る生活の基本は、毎日運動することで、一日一回、体温を一度上げることです。おすすめは歩くことで、一日30分程度歩くことを日常化することです。出来れば、大股で歩けばなお良いと言われています。前にもウオーキングのことについて書きましたが、どうせ歩くのであれば、30分以上続けて歩くように心がけ、体温を一度上げようと心がけています。運動するのがたいへんだと言う方は、入浴時に20-30分程度ゆっくり湯船につかることだそうです。体全体の血液が温まるには、そのくらいの時間が必要だからです。低体温は、健康には大敵といわれています。

以上挙げました3つは、今更に新しいことではありません。我が家では、いつ頃からかこれらのことに気をつけるようにしてきました。かつては、妻が冷え症、私も寒がりでしたが、今は明らかに違っています。部屋の温度もかつてよりは低い温度設定でよくなっています。地球温暖化が叫ばれている今、私たち自身の体の温暖化に心がければ、健康には良いことはもちろんですが、暖房代も安くCO2の発生も少なくてすみ、寒い冬を元気で乗り切ることが出来るでしょう。寒さ厳しい折、皆様のご健勝をお祈りします。

2008年2月15日    小坂圭吾