2008年5月25日日曜日

今を生きる 「事実をよく見る」   

     名医はどこか違う
私の好きな言葉にひとつに「事実を見る」というのが有ります。自分でなかなか出来てないのも事実ですが、この言葉がとても気に入っています。コンサルタントの知人の方が、ある研修会でこの大切さについてトクトクと語って下さったのが印象深く、そのときにぜひ読むようにと紹介された本が、柳田邦男著「事実の読み方」です。この中にこんな話があります。

ノンフィクション・ライターとして著名な柳田邦男氏。これは彼の知り合いである外科医H先生のお話です。H先生は、今にもずり落ちそうな古い靴下をよくはいている由。部長の肩書きをもつ立派な医者が、何でゴムのバカになりかかった靴下をはくのか、傍からみると奇異な感じさえします。このずり落ちそうな靴下を見ただけでH先生の人柄を判断すると「身なりをかまわない人」とか「だらしのない人」と思ってしまいます。(これは先入観あるいは全くの推測に過ぎないのです。)

しかし、柳田邦男はその”秘密“をH先生から聞く機会に恵まれたそうです。それによると、古い靴下を履くのは手術のある日なのだとのこと。大手術になると7―8時間も立ちっぱなしになり、足が冷えたり血行が悪くなる恐れがあります。新品のゴムのきつい靴下を履いていると血行に良くないので、ある時思いついてこのようにしたとのことでした。手術を完璧なものにするために、ここまで気を配っていたというわけです。「やはり名医はどこか違うと感嘆した」と柳田邦男は書いていました。

    よく見て、聞いてみないとわからない
事実というのはその内容をよく確認したり、よく話を聞いてみないと分からないもので、憶測や先入観で判断するととんでもない間違いを犯してしまうことがあります。事実は事実としても、それに自分の意見や憶測や先入観を加えることが何と多いことでしょう。その結果、事実は脇に追いやられ、憶測や先入観に基づいた主観的判断が入り込み、真実とは程遠い話ができあがり、その話が人から人へと伝わるととんでもないことになってしまいます。この種の苦い経験を、私たちは何度か経験しているのではないでしょうか。大事に至ったことを少し分析して見ると、意外と相手の話をしっかり聞いていなかった、見てなかったために誤解が誤解を、憶測が憶測を呼んでいたことが見えてきます。実に背筋の寒くなる思いです。

もう数年も前になりますが、ある方が問題だと言って相談に来られました。確かに聞く内容が事実だとしたら、大きな問題だと判断せざるを得ません。しかし、起きている状況や関係者の方々を見るに、こんな馬鹿な事実があるはずはないと思いました。本人に直接確かめるにはどうかと思い、少し時間を置くことにしました。後日、直にお話を聞く機会があり、そうだったかと驚きました。

映画に例えていうならば、ある場面以降を見ると確かに問題に見えますが、その場面の10分ほど前の状況から見ますと何も問題ではありません。テレビなどのニュースを伝えるときに、編集者の都合の良いところだけを切り取って問題だとするのと似ています。事実をしっかり見て、聞いて判断することの難しさを学びました。
 
ある人からこんな事を教わりました。「他の人を裁いたり悪く思う気持ちが起きたとき、よく知らないからそうなるのだということを覚えよ。」相手を赦すということについて、こんな観点もあるということです。教会における交わりは、帰するところ人間関係です。ですから、このような考え方が特に必要であるように思われます。目をしっかり見開いて「事実をよく見る」「事実をよく聞く」ことの大切さは、今更言うまでもないことです。おかしいなと思ったら、まず見て聞いて確認する。その際、確かな情報源から確認することが大切です。

「尊敬するテオピロ殿。それによって、すでに教えを受けた事がらが正確な事実であることを、よくわかっていただきたいと存じます。」(ルカ1:3-4)

2008年5月25日    小坂圭吾

2008年5月15日木曜日

コーヒーブレイク 「ジョークを楽しむ」 

    アメリカの大統領選はいかに?
アメリカの大統領選の民主党候補者指名レースでは、ヒラリー・クリントン陣営とオバマ陣営が激しい戦いを続けており、いまだ決着を見ておりません。ヒラリー・クリントンさんもさぞかし忙しい毎日でしょうが、こんなジョークがあります。

風邪で病院に行ったクリントン元大統領令嬢が、ドクターに「注射を打つから、ご両親の了解を取ってください」と言われた。令嬢がママ(ヒラリー・クリントン)に電話をすると、こう言われた。「ママは忙しいから、パパに電話しなさい。」パパに電話したところ、話中でつながらなかった。

このジョークは、クリントン大統領時代に実際にあった話とまで言われています。民主党候補者指名レースの最中には、さもあらんと笑ってしまいます。

私の知人Tさんはダジャレ好きですが、先月ある集会の後で彼と数人の方々と昼食を食べに行きました。彼は食べ終わると「実は、歯医者の予約があることを思い出し、これからあわてて行くところです。申し訳ない。本日の集会は、小坂さんが司会(しかい)で、私は、これから歯科医です。」みんなで、パチパチと手をたたいて送り出しました。彼は、何かあるごとにダジャレを考えている、笑顔を絶やさない男です。そんな彼に刺激されたのもあり、この数年ジョークを一生懸命探すようになりました。問題解決と戦略のインストラクター、コンサルタントをしていたビジネス時代には、良い例話を探しまくったものですが、ジョーク探しもまた楽しく、いつでも使えるのが良いものです。

   駄洒落(ダジャレ)とジョーク
ダジャレ、ジョークと書いてきましたので、この二つは何が違うのかなと調べてみました。駄洒落(ダジャレ)は、大辞泉によると“下手なしゃれ、くだらないしゃれ”とあり、ジョークは、“冗談、しゃれ”となっています。語呂合わせは、ダジャレに入るようです。語呂合わせが続きますと少しげんなりして、「品の良いジョークをお願いします」と言われるのを聞くことがあります。“気の利いたジョーク”の使い手になるためには、それなりにネタを集めることから始めることになります。品位があって、清潔で、思わず笑ってしまう傑作をぜひ集めたいと思っていますが、参考の本を上げておきます。

①「世界ビジネス・ジョーク集」(おおば ともみつ著、中公新書)(2003年2月)
ビジネスと銘打っているのでビジネスを知らないと心底笑えないものがあります。日常の世界の動きを知っていれば理解できる内容ですが、日本人には難しいなと思うものもあります。世界のビジネスをされている方には、参考になります。
②「世界傑作ジョーク250」(中野雄一郎&岸義紘著、いのちのことば社)(2006年9月
JTJ神学校の学長お二人が集められただけのことはあり、とてもわかりやすく、クリスチャンも使える選りすぐったものです。購入してから“つんどく”していましたので、今回このような記事を書くことになり、取り出して読んでみて「これは、いけるぞ!」と思いました。この中にも紹介されてないものがありますので、タイミングを見ながら書いていきますが笑っていただけるかどうか???

笑いは、健康に良いことは言うまでもありません。笑いなくしては、生きていくことが出来ません。日本は長寿大国と言われますが、笑いによって更に寿命の延長につながるでしょうか?笑いと言っても「気の利いたジョーク」の使い手となるには、準備と日頃の努力が必要なようです。品の悪い言葉を使わないこと、使う場とタイミングをしっかり考えることだそうです。ネタとして手に入れたジョークについては、用法・用量(使いすぎは逆効果になる)をしっかり守り、食前、食後、食間にお使いください。なお、使用期限は特にありませんが、利く場合と利かない場合がありますので、注意してお使いください。

「また、恥ずべきことや、愚かな話や、みだらな冗談を避けなさい。そのようなことは、良くないことである。」(現代訳 エペソ5:4)

2008年5月15日    小坂圭吾

2008年5月3日土曜日

始めに&これから「そしてこれから」

              PDJレポート1年
 PDJレポートを書き始めてから1年!「変えられた人生を生み出す」健康な教会の基本概念やキーワードおよび日本における事例や進め方のノウハウを紹介しようとの思いから始めました。PDのキーワードについては、最低必要な5つの事柄について(外側から内側へ、目的とバランス、スモールグループ、一日一歩ずつゆっくり、マネジメント)書いてきました。(ご覧になりたい方は、「PDJレポート」のトップの右下に写真があり、その下にあるラベル:キーワードをクリックすれば、まとめて出てきます。)
 4年間にわたるPDJのミニストリーの中で、色々な教会・集会に出席し、色々な方々にお会いしました。私の今までの仕事や教会から少しでも離れて、より広い視野で物事を見たり、聞いたり、考えようと努力しました。1年「PDJレポート」を書くとなれば、それなりに一生懸命見聞きし、何を伝えようかと事あるごとに考えています。それは感謝なことです。

      これからどうしようか?
“そしてこれから”どのように書こうかと考えています。日本の教会の平均礼拝出席者は30人、しかし15-20人の教会が日本では一番多いのです。日本の多くの教会にとって、今いちばん切実なことはなんだろうかとスタッフとも考えました。PDJとして出版する書籍が、(感謝なことですが)必ずというほどにベストセラーになるのは何故か?「5つの目的」がいまだに売れ続けている理由は何か?今や、大きな教会がどんどん買って使ってくださっているわけではありません。それよりも小さな教会が、あるいは個人が使ってくださっています。教会を離れているクリスチャンも多い中で(所属教会を持たないクリスチャンが3%存在します)、それらの方々に手を差し伸べ、架け橋をかけようとの動きもあちこちで見られます。ハウスチャーチという動きも、確実に動き出しています。そのような中で、このPDJレポートの役割を今年は少し変えていこうとの結論に至りました。個人に焦点を当て、何か心に残る、少しでも読んでよかったと思えるレポートを書いていこうと思っています。

                   
「躁の時代」から「欝の時代」への大変化
先日のある雑誌に、作家・五木寛之氏の記事「躁(そう)の時代から鬱(うつ)の時代へ。一日一日、瞬間瞬間を大切に生きる!」が載っていました。読んでいてとても共感を覚えました。戦後50年の「躁の時代」の幕が閉じ、「鬱の時代」の大きな変革期が訪れようとしている。大切なことは、どんな風が吹いているのか肌で感じることであること。鬱の時代は30年先を見越して計画する生き方では対応できない。せいぜい3年先ぐらいの単位で自分の備えをして、毎日を充実させて生きていくことが大切であると五木寛之氏は書いています。毎日のテレビや新聞を見ていますと、日本の社会が壊れかけている現実が映し出されています。

第1に人間関係が大きく壊れています。親子関係、夫婦関係、先生と生徒の関係、会社の上司と部下の関係等、昔では考えられない悲惨な事件が起こっています。ここまでひどくなったのかと思わされる事件が次々に起こります。携帯電話やインターネットを使ったいやな事件もあり、これら全て心の問題ということが出来ます。
第2に健康の問題です。私の住んでいる地域(横浜市青葉区)は、日本でもいちばんの男子の長寿の地域だそうです。そんなにお年寄りが多いとは思えませんが、長寿になりますと、介護の問題や医療過誤の問題が大きくなってきます。医師にとって、今はいちばん大変な時代で、患者からいつ訴えられるかと恐れ、不安があるのです。
第3に経済の問題です。少し景気がよくなりかけたかなと思えば、サブプライム問題で世界中の株価が下落し、今年いっぱいは大きなダメージを受けそうです。金余りの現象の中で、原油が高騰し色々な物価が上がってきています。年金問題もまだ不安材料がいっぱいです。

これらの壊れかかった心と体、そして経済社会の絡み合った大変動を、五木氏は、「鬱の時代」の到来と言っています。「躁の時代」とは、敗戦後から約50年を指し、焼け跡に物は無くとも夢や希望や目標を持って経済大国として右肩上がりに登り、その絶頂がバブルでした。そして、バブルの崩壊後10年余になりますが「鬱の時代」に到来です。この時代は、先がまったく読めない時代ですので、せいぜい3年ぐらいの単位で自分の備えをし、毎日を充実させて生きていく時代です。これこそ、神様を信じて生きていくクリスチャンにふさわしい時代のような気がしてなりません。「躁の時代」は良くて「欝の時代」は暗いとか言うことではありません。良い悪いではなく、そのときにふさわしくいきることだと思います。一日一日、瞬間瞬間を大切に生きるという神様が私たちに教えてくださっている生き方を、生き抜く良い時代だと感じております。そして、この御言葉がぴったりと心にはまります。

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。」
(テサロニケ第一、5:16-18)


(これからは、「PDJレポート」を”PDJブログ”と名前を変えて、気楽に読んでいただく記事を掲載していきます。)

2008年5月3日    小坂圭吾