2008年11月26日水曜日

感謝 「物を使い込む(2)」

5年の会堂建設プロジェクト
この会堂建設プロジェクトは、大変なことですが恵みも多く、ほぼ5年がかりの建設でした。千人会堂の姿をイメージしながら土地探し、建物がない更地を2年余探しました。東京都心の不動産屋には、ほとんど知られることになりましたが、千人会堂を建てられる土地は簡単には見つかりません。更地中心で中古の建物を探すことはあまり考えていません。そんな中で、練馬区に文明堂カステラ工場が建物付きで売りに出ていることを知り、早速現場を見に行きました。7階建ての建物、ガランとした空き家の工場を歩きながら、「これがどこまできれいにリニューアル出来るのかな?」と頭をよぎります。私が勤めていた会社の建設関係の責任者Kさん、そして大手設計事務所Gさんに調査をお願いしたら「これは素晴らしい物件、見違えるような教会にリニューアル出来る!」との話でした。2年余り探す間にバブルがはじけて、価格交渉においても、主の御手が差し伸べられていました。
         
      柱と壁だけを残しての大リニューアル 千人会堂建設のためには、まず海外の教会を見学することを計画し、韓国、アメリカそして国内とそれぞれ10数箇所ずつ教会を訪問しました。その訪問で一番感謝なことは、特にお願いしなくともその会堂建設で失敗したところを包み隠さず教えて下さったことです。「この失敗だけは、しないで下さい!」この言葉が今も記憶に残っています。見学を通して、会堂建設の取り組み姿勢や設計のヒントをたくさん頂きました。リニューアルという点では、アメリカ・ロスアンゼルスの教会を忘れることが出来ません。礼拝堂に入ると、頭の上には空調のダクト等のパイプが天井を這っています。何と倉庫を大リニューアルして作った教会で、きれいに仕上げてあるので何の違和感もありません。このようなリニューアルもあるのだと教えられました。
工場を教会にリニューアルというのは、柱と壁だけを残して後はすべて剥ぎ取り、新しくリニューアルです。工事の難しさは、日本でも前例のない「工場を多くの人が出入りする教会堂に改築する」という点です。教会らしくするには、玄関や窓、外壁を作り直し、レイアウトは大幅に違います。建物の形は変えてはいけない、すなわち増築不可という厳しい制約の中での改修工事です。技術陣の方々も知恵を絞ってやってくださり、色々な問題を乗り越えてきました。工事の段階で、建設責任者の方々が、異口同音に言われた言葉があります。「不思議なことが色々と起きる。難しいことの解決は、いわば、自動ドアを踏むとドアがスーと開くように不思議と道が開かれ、解決されていく。」これこそ、背後にあって神様がすべてを支配され、導いておられた何よりの証左です。
       
    大切なものを残して
 高田馬場教会(旧会堂)を取り壊すときに、建設関係の方々が「旧会堂の十字架の塔を、取り壊すのはもったいない。使い道を考えませんか?」と提案してくださり、7階の屋上に設置してもらうことにしました。夜には、ライトアップし遠くからも十字架が見えるようにしたのです。これは、旧会堂からの歴史の継承でもあります。この様にして完成した聖書キリスト教会・東京教会は、当時としては画期的なリニューアルで、BELCA賞という日本でも栄誉ある賞を頂くこととなりました。この意味は、優れた改修・復元を実施した既存の建築物のうち、特に優秀なものの関係者が表彰されたのです。まったく用途の異なる建築物に改修したことは、審査員の方々の驚きでした。私たちとしては、古いものを復元し教会として十分な働きが出来る建物になったことは、何よりの喜びです。このリニューアルした建物、教会堂は、いまや地域においては“世の光としての働き”をしてくれます。その地域において教会としての諸活動があればこそですが、新しい役割に復元した建物が、歴史を背負いつつ“復活の主”を証ししてくれます。今後、50年いやもっと使い込むことが出来ることでしょう。物を大切にする、使い込むと何がいいのでしょうか?使い込めば愛着が出るといわれますが、何かホットした気持ち、落ち着くのは確かです。何か心が豊かになります。豊かさは、物ではかるのではなく心の豊かさではかるということに気づかされます。

「わたしがこの世にいる間、わたしは世の光としての働きをします。」 (ヨハネ 9:5 現代訳)

2008年11月26日    小坂圭吾

2008年11月10日月曜日

感謝 「物を使い込む(1)」

      世界的な金融危機
 現在、世界では国際金融危機が起こり、株価の大暴落が発生、世界恐慌への発展が危惧されています。日本も株の大暴落、景気は日増しに悪くなり、これから大変だなと予感されます。これと似たような状況・日本経済のバブル崩壊が、1990年前半に起こりました。マイナス面が大きくクローズアップされますが、それは割愛させていただき、プラス面について書いてみようと思います。まず考えましたことは、色々な面で行き過ぎた事柄が大いに矯正されることです。効率一辺倒で豪華なもの、便利なものを追いかける姿、お金がすべてのような風潮が崩れて、大切なことに目が届くようになることを期待します。この様に偉そうなことをいう私も、かつては効率主義の中に身を置き、そのことに邁進した一人であったことも事実です。第二の現役としてミニストリーをする中で、本来大切なことに色々と気づかされています。

     物を使い込む
 先々月、岡山県北部にある甥(おい)の家を訪問しました。津山駅まで車で迎えに来てもらい、昔から何度も見る景色を見ながら「どこの家もかなり新しくなったなあー」と言いながら、思わず声を上げました。「お前の家は、周りと比較すると古いねーー。これこそ旧家だ!」「そうですね。周りは建て直したので、古い家といえば、私の家と隣の本家の家だけでしょう」あと100年もすれば、重要文化財にもなるかも?知れません。そういえば、数年前に本宅や倉や蔵等の大修理をしたときに、一軒分の家が建つほどの費用だったと私の姉が語っていました。門は200年、本宅はそれでも140年は経過している木造建築です。まだまだ使えますので、新しいものに建て替えようとの考えは、さらさらありません。木造の家がどれ程長持ちするかについて、甥の説明は次の通りです。樹齢100年の木は、少なくとも100年は持つとのこと。風雨にさらされても、風通しがよければ木は次第にかたくなり、ますます長持ちする。今の家の柱と梁は、まだ100年はゆうに使えるだろうと話してくれました。最近の新築の家は、30年位しか持たないものが多いとの話を聞きますが、ほんとうでしょうか?

     リフォームすれば使える!
 この横浜に住んで30年近くになります。この30年間、歩いて10分以内で家を建てる槌(つち)の音が止んだことがなく、どこかで新しい家が建てられています。大変残念な風景は、まだ築10年余りの家が壊されて新築されることです。事情は色々でしょうが、もったいない!と思います。救いである事は、この数年前からT不動産が、売りに出た家屋を買い取って取り壊すことをせずにリフォームすることを始めました。周囲の家との調和もうまく考えてリフォームした家で、大歓迎です。私の家も、ここに建てて30年近くになろうとしていますが、最初の頃、メーカーは30年保証と言っていましたが、大丈夫だとわかり“ロングライフ50年保証”と言い出しました。不具合なところがきわめて少なく、部分補修をしつつ長‐‐‐‐く使えるでしょう。

     教会も大リフォーム
 私たちの所属する聖書キリスト教会・東京教会(東京都練馬区)は、会堂建築としては日本でも画期的な大リフォームした教会(鉄筋7階建て)です。来て見られても、大リフォームだとは、ほとんどの方が気づきません。今から15年以上前の1991年、東京都より、神田川改修工事のために、高田馬場にある教会堂を移転するよう要請を受けました。神田川といえば、台風シーズンには氾濫する暴れん坊で有名!その川沿いに私たちの高田馬場教会(移転後に名前を変更)がありました。当時の会堂は、会堂建設後まだ10年しか経過していない400人規模の会堂でしたので、それこそ“もったいない”との思いがありましたが、氾濫する河川工事のためには協力するしかありません。「これは主からの新たなるチャレンジ!」と信仰によって受け止め、すばやく移転を決めました。建物は著名な方にデザインをしていただき、多くの方が見学に来られ、新しく会堂建築される教会の参考に供することが出来ました。そして、目指すは、1000人規模の会堂建設ということで、5年のプロジェクトがスタートしたのです。  (続く)

2008年11月10日    小坂圭吾